白頭山脈を伝い7個師団が南下…ソウル・釜山・光州占領作戦

白頭山脈を伝い7個師団が南下…ソウル・釜山・光州占領作戦

2011年01月16日10時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長は2004年2月に特殊部隊を視察しながら、「イラクの反米勢力が自爆攻撃で米帝侵略者などを消滅させている。われわれの軽歩兵部隊と狙撃部隊もイラクのように自爆攻撃で敵に大きな被害を与えることができる」と述べた。金正日の特殊部隊に対する信頼と愛着を示したものだ。北朝鮮特殊部隊の歴史は1965年の軽歩兵部隊創設に始まる。以後68年の青瓦台(チョンワデ、大統領府)奇襲作戦で有名な第124軍部隊が作られ、69年には特殊第8軍団が創設された。83年7月には特殊第8軍団を軽歩教導指導局に変更し特殊部隊を統合した。昨年には特殊部隊の規模をさらに拡大改編し軍団に昇格させた。

  北朝鮮の特殊戦部隊は総参謀部配下の第11軍団と前方軍団配下部隊、海軍と空軍の特殊部隊、国防委員会直属偵察総局がある。第11軍団は韓国の特殊戦司令部と似ているが、規模ははるかに大きく任務も多様だ。配下に軽歩兵旅団と航空陸戦団、狙撃旅団など10余りの旅団がある。1個旅団は5000~7000人規模だ。軽歩兵旅団は北朝鮮後方で韓米連合部隊や韓国特殊部隊の攻撃を防御し正規軍団の攻撃を先導する役割をする。航空陸戦団は航空機やAN-2型機で空輸され韓米連合軍の兵站線を遮断したり重要施設を攻撃したりする。

  ハンナラ党国防委員会の金玉伊(キム・オクイ)議員は、「北朝鮮はAN-2型機を主軸にした空中起動機330機余りを保有しており、特殊部隊の後方浸透に使うことができる」とした。2010年6月に特戦星友会創立記念の安保政策大討論会ではAN-2型機で5000人の輸送が可能だという評価も出てきた。狙撃旅団は国家戦略目標やC4Iネットワーク体系およびレーダー基地、空港・港湾のような主要施設を攻撃したり後方かく乱作戦を行う。

  前方軍団所属軽歩兵師団と前方歩兵師団で編成された軽歩兵連隊は山岳浸透で軍団と師団作戦に寄与したり、大規模配合作戦と後方かく乱任務を引き受ける。軽歩兵旅団出身の帰順者の中には、「自分が所属した旅団の目標は全羅南道・光州(チョンラナムド・クァンジュ)解放であり、太白山(テベクサン)の稜線に乗って陸上浸透し、智異山(チリサン)を通り光州に到着する」という話をする者もいる。部隊ごとに韓国内に決まった目標があるという話だ。2006年版国防白書は、「戦線地域の主要接近路に位置すると判断されるトンネルを通じひそかに浸透する時は奇襲効果が倍加されるだろう」と指摘した。前方軍団の狙撃旅団は正規戦で敵の後方をかく乱したり正規軍の空白を埋める。軍団偵察大隊は有事の際に利用できる浸透ルートに対する現地偵察活動により浸透路を確保する。

  空軍特殊部隊では空軍狙撃旅団と偵察大隊がある。北朝鮮が劣勢な空軍力の挽回が難しいため韓国空軍基地と装備・施設を集中攻撃するために作った。海軍特殊部隊では海上狙撃旅団、海上陸戦隊、海軍偵察大隊がある。海上狙撃旅団は韓国の海軍特殊戦部隊(UDT)と似ている。海上狙撃旅団と海軍偵察大隊はひそかに浸透して海岸と港湾、レーダーと海軍基地など重要施設を攻撃し、沿岸に機雷を設置したり韓国軍艦艇を攻撃する。海上陸戦隊は韓国の海兵隊と似ている。有事の際に空気浮揚艇に乗り西海5島を攻撃、韓国攻撃のための環境を作る。最近西海5島占領訓練を行ったとメディアに報道さている。

  北朝鮮は2007年に空気浮揚艇を大型のものに交替したものと観測される。コンバン級と呼ばれるこの浮揚艇は57ミリ艦砲と30ミリ機関砲を持つ。一度に30~50人の完全武装特殊兵力を乗せ最大時速90キロメートルで走る。130~140隻が西海に配置されているという。偵察総局は対南工作担当だ。偵察総局は2009年に労働党作戦部と35号室、人民武力部偵察局を中心に統合し6局体制に改編した。既存の党中心の対南工作体系では赤化統一が難しいとみて軍中心の体制に変えた。

  第1局(作戦局)はスパイ浸透・養成専門担当だ。海州(ヘジュ)・南浦(ナムポ)・元山(ウォンサン)・清津(チョンジン)の4カ所に海上浸透のための連絡所を運営する。第2局(偵察局)は軍事作戦を担当する。68年の青瓦台襲撃事件、96年の江陵(カンヌン)潜水艦浸透事件などを起こし、昨年の哨戒艇事件にも関与したとみられる。過去に海外情報を担当した労働党35号室は現在の第3局に改編された。外国で対南情報を収集し第三国を通した韓国浸透を支援する。第5~7局はこれまでに公開されたことはない。第5局は南北対話関与、交渉技術研究などを担当し、第6局はサイバーテロと浸透装備開発、第7局は残り5局を支援すると推定される。北朝鮮が特殊部隊増強に執着するのは政権維持に決定的な支えになるためだとの評価もある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事