金正宙会長、ネクソンジャパン上場なら国内2位の富豪に

金正宙会長、ネクソンジャパン上場なら国内2位の富豪に

2010年12月07日17時39分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
オンラインゲーム企業ネクソングループの金正宙会長。
  



  オンラインゲーム企業ネクソングループの金正宙(キム・ジョンジュ)会長が、ネクソンジャパンが上場した場合、三星(サムスン)グループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長次いで国内株式富豪2位になる見込みだ。

  ネクソンジャパンが日本東京証券取引所1部上場を来年上半期に控えたなか、この上場が実現した場合、金正宙ネクソングループ会長の財産規模は約7兆ウォン(約5200億円)になると予想されている。

  野村証券はネクソンジャパンの日本株式市場上場後、時価総額は約13兆ウォンになると予想した。 金正宙会長はエヌエックスシー株47.49%を保有しているため、エヌエックスシーを持ち株会社にした形態でネクソンジャパン、ネクソン、ゲームハイ、ネオプルの経営権を持つ。

  ネクソンジャパンが上場すれば、金正宙会長の財産規模(評価益)は約6兆9800億ウォンになると予想されている。これは国内株式富豪2位である現代(ヒョンデ)車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長(6兆5670億ウォン)を上回り、李健熙会長(8兆7000億ウォン)に次ぐ財産規模。

  ある業界関係者は金正宙会長が韓国・米国上場を先送りし、日本株式市場を狙った選択が功を奏したと評価した。 韓国や米国に比べて日本ではゲーム会社に対する企業価値評価が高いからだ。

  ネクソンはゲーム「カートライダー」の国内外成功後、株式市場上場の話を受けてきたが、金正宙会長はこれを拒否して支配構造再編などに力を注ぐ一方、日本株式市場上場を計画してきたという。

【ホットクリック】

・米国「得たものない」 中国「韓国の中国依存が低下」…韓米FTAに異なる評価
・ドイツ誌「自動車韓日戦」で韓国が勝利
・北朝鮮、魚雷武装半潜水艇を実戦配備
・米国、韓日海底ケーブル情報も密かに収集
・はるな愛が明洞に登場、化粧品売上も急増
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事