現代車の新型グレンジャー、最高出力270馬力・エアバッグ9個

現代車の新型グレンジャー、最高出力270馬力・エアバッグ9個

2010年12月07日17時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代自動車が公開した準大型セダンの新型グレンジャー(写真=現代自動車)。
  



  現代(ヒョンデ)自動車は準大型セダンの新型グレンジャー(写真)の室内インテリアと諸元の一部を公開した。

  来年1月から販売されるこの車のエンジンは排気量2.4リットルと3.0リットルの2種類で、 ともに直射式。 現代車が新型グレンジャーに初めて搭載する3.0リットルのラムダGDiエンジンは最高出力270馬力、最大トルク31.6kg・m、公認燃費は11.6キロ。

  新型グレンジャーのデザインは「雄壮な滑空」という意味の「グランドグライド(Grand Glide)」がコンセプトで、滑降する翼のイメージを具現したというのが現代車の説明だ。 室内デザインの中ではY字型のクラッシュパッド、ネクタイ型のセンターファシア(center fascia)が目を引く。

  安全装置も強化された。 ひざのエアバッグをすべての仕様に装着し、エアバッグの数は全部で9個。 車体姿勢制御装置(VOC)、シャーシー統合制御システム(VSM)、ボタン始動スマートキー、前・後方駐車補助システムなどの安全・便宜装置も基本搭載している。

【ホットクリック】

・米国「得たものない」 中国「韓国の中国依存が低下」…韓米FTAに異なる評価
・ドイツ誌「自動車韓日戦」で韓国が勝利
・北朝鮮、魚雷武装半潜水艇を実戦配備
・米国、韓日海底ケーブル情報も密かに収集
・はるな愛が明洞に登場、化粧品売上も急増
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事