<北、延坪島 挑発>李大統領、北朝鮮軍被害状況の衛星写真を確認

<北、延坪島 挑発>李大統領、北朝鮮軍被害状況の衛星写真を確認

2010年11月27日10時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李明博(イ・ミョンバク)大統領が25日、韓国軍の対応射撃による北朝鮮のケモリ・茂島(ムド)地域の被害状況を撮影した写真とともに報告を受けたと、政府関係者が26日伝えた。

  この関係者は「情報機関が李大統領にケモリ地域の衛星写真を提出したと聞いている」とし「この写真にはK-9自走砲の砲撃で生じた大きなくぼみや破壊された施設などが写っている」と話した。

  軍当局もケモリ・茂島地域の被弾痕跡を一部確認したと明らかにした。これに関し合同参謀本部の関係者は「北朝鮮の被害状況を韓国側の情報資産を通して総合的に識別しようと努力している」とし「茂島・ケモリ地域に火災が発生し、ケモリ陣地には韓国の砲撃を受けた多数の痕跡が確認され、茂島地域でも交通壕(陣地と陣地の間を行き来するために掘った狭い道)が埋没した」と述べた。また「肉眼観測ではなく各種映像資料などを総合した識別を試みている」と付け加えた。

  しかし現在まで手に入った情報では、韓国軍の対応射撃が北朝鮮軍に致命的な被害を与えたかどうかは確認されていないという。李大統領も写真を見た後、「北朝鮮軍は地下避難施設を比較的よく構築しているためか、被害規模は詳しく識別できないようだ」という趣旨で述べたと、青瓦台の関係者は伝えた。

  軍は延坪島(ヨンピョンド)交戦直後から「火力が優秀なK-9自走砲で80発も撃ったため、北側にも相当な被害が生じているはずだ」と主張してきた。しかしこの日、ある放送局が延坪島で撮影した画面には、これといった打撃を受けていない海岸砲陣地と兵士が正常に活動する北朝鮮部隊の幕舎周辺が映った。このため「軍が北朝鮮側の被害を過度に予測している」という批判が提起された。

  政府はこうした論争の中でも、李大統領に報告した写真をはじめ、北朝鮮軍被害証明資料をまだ対外的に公開していない。別の政府関係者は「その間、気象が良くなかったため十分に情報が収集できなかった」とし「しかし正確な情報が確認されても、韓国軍の情報収集能力が露出するため、民間に公開することは難しいだろう」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事