独紙「延坪島事件、韓国のW杯・五輪招致に悪影響」

独紙「延坪島事件、韓国のW杯・五輪招致に悪影響」

2010年11月26日14時29分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ドイツ日刊紙が北朝鮮の延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件が韓国のワールドカップ(W杯)・冬季オリンピック(五輪)招致に悪影響を及ぼすだろうと分析した。

  独フランクフルト・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)は25日(日本時間)、「延坪島砲撃後、韓国は2022年W杯と2018年冬季五輪を開催すれば、韓半島の平和と和解の雰囲気が拡散すると主張するなど、弱点を強みにする知恵を発揮したが、これは空虚な言葉だ」と伝えた。

  続いて「政治家が数十年間成し遂げられないことに影響を与えられる大型スポーツ大会はなく、むしろ2008年北京五輪のように政治的な道具に利用されたりする」と指摘した。

  同紙は「最近の事件のため、国際サッカー連盟(FIFA)執行委は来月2日、韓国にW杯招致権を与えないと予想される」とし「独ミュンヘン、仏アヌシーと競合している平昌(ピョンチャン)の冬季五輪招致活動も今回の事件で損害を受けた」と分析した。

  また「1988年ソウル五輪、2002年韓日W杯は問題なく開催されたが、ソウル五輪当時のものものしい警備を記憶している人々は予測できない北朝鮮がどれほど怖いか知っている」とし「その間、五輪で2度も南北(韓国・北朝鮮)共同選手団が構成されるなど、スポーツ分野で多くの和解ジェスチャーと一抹の感動的な瞬間があったが、韓半島の根本的な葛藤の解消するのには特に役立っていない」と辛らつに批評した。

【ホットクリック】

・北朝鮮軍「撃て…避けろ…ひどくやられている」…その後は沈黙
・日本、ブラジル高速鉄道事業の入札を見送り…韓国が有力
・韓国が先に砲撃? 中国メディアのわい曲進む
・【社説】中国は責任ある役割を果たしているのか
・「北朝鮮の死傷者、韓国より多い」…中国消息筋
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事