「独島で武力衝突時、韓国は日本より1時間以上遅く到着」

「独島で武力衝突時、韓国は日本より1時間以上遅く到着」

2010年10月18日14時58分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  独島(ドクト、日本名・竹島)に非常状況が発生した場合、韓国海軍艦艇が日本より1時間以上遅く到着する、という主張が提起された。

  国会国防委員会の鄭美京(チョン・ミギョン)議員(ハンナラ党)は18日、平沢(ピョンテック)第2艦隊の独島艦から進行された海軍本部に対する国政監査で、「有事の際、韓国海軍艦艇が慶尚北道蔚珍(キョンサンブクド・ウルジン)竹辺(ジュクビョン)港や東海(トンヘ)港から出発して独島に最も速く到着できる時間はそれぞれ4時間1分、4時間26分」とし「これに比べて日本の艦艇は隠岐から出動すれば独島まで2時間50分、島根県恵曇港から出港すれば3時間18分しかかからない」と主張した。

  鄭議員は「独島海域で武力衝突が発生した場合、韓国は日本の艦艇が到着してから1時間以上も後に独島に到着する」とし「鬱陵島(ウルルンド)に海軍前進基地を建設すれば1時間35分以内に対応が可能なだけに、国防部の積極的な対処が必要だ」と指摘した。

  これに対しキム・ソンチャン海軍参謀総長は「距離上では日本がやや近いと言えるが、海軍は24時間随時警戒勤務をしているため問題はない」と答弁した。


【ホットクリック】

・欧米人「三星は日本企業じゃないの?」
・【社説】金利据え置き後に懸念される副作用
・豪華遊覧船で訪韓の中国人44人が済州で失踪
・「日本、朝鮮王室儀軌の年内韓国返還は絶望的」
・秋山成勲、UFCで2連敗の屈辱…「情けない」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事