北朝鮮・労働党創建65周年、金正日・金正恩親子が並んで壇上に

北朝鮮・労働党創建65周年、金正日・金正恩親子が並んで壇上に

2010年10月11日08時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の三男・金正恩(キム・ジョンウン、26、労働党中央軍事委副委員長)が、10日の労働党創建65周年記念軍閲兵式と9日の中央報告大会の主席台に姿を現し、金正日の後継者として公式化された。先月27日に軍大将の称号が与えられてから約10日ぶりだ。

  北朝鮮官営朝鮮中央テレビは10日午前、平壌(ピョンヤン)の金日成(キム・イルソン)広場で開かれた軍閲兵式を生中継した。北朝鮮がテレビで金正日出席行事を生中継したのは今回が初めて。

  北朝鮮はこの行事にCNNをはじめとする西側報道機関の取材団80人余りを招待し、CNNはこの日午前10時から閲兵式を生中継した。

  この行事で金正恩は金正日、労働党・内閣・軍の幹部、中国側の祝賀使節団の周永康共産党政治局常務委員らと主席台に上がり、北朝鮮軍の閲兵報告を受け、挙手敬礼をしたりもした。

  軍事パレードでは忠清(チュンチョン)まで打撃可能な射程距離110-130キロのKN-02短距離弾道ミサイル、北朝鮮が「迎撃ミサイル総合体」と表現した垂直発射型対空ミサイルとレーダー、日本沖縄を射程圏内に収める中距離弾道ミサイル(IRBM)「ムスダン」などが登場した。

  これに先立ち金正恩は9日、金正日委員長が周永康常務委員と面談する席に同席し、初めて外交舞台に登場した。10日深夜12時には金正日および党・内閣・軍幹部と一緒に金日成の遺体が安置された錦繻山(クムスサン)記念宮殿を参拝した。

  北朝鮮メディアは、金正日が周永康常務委員と会った席で胡錦濤国家主席からの祝電を受けたと伝えた。金正日・金正恩親子は10日夜に開かれた慶祝夜会にも出席した。

【ホットクリック】

・北朝鮮「黄長ヨプの首を取れ」…13年間絶えず脅迫
・【黄長ヨプ氏死去】外信が緊急報道…中国メディアは沈黙
・少女時代のソヒョン「自然美人」1位に
・沖縄まで射程圏に入る新型ミサイル「ムスダン」登場
・北朝鮮・労働党創建65周年、金正日・金正恩親子が並んで壇上に
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事