<大リーグ>メジャーに初の韓国系捕手

<大リーグ>メジャーに初の韓国系捕手

2010年09月10日09時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
9日(日本時間)にエンゼルスタジアムで会ったチェ・ヒョン(左)と秋信守。
  



  野球の本場、米メジャーリーグで、初めて韓国系捕手が誕生した。LAエンゼルス所属のチェ・ヒョン(22、米国ハンク・コンガー)が最近、メジャーに昇格し、9日(日本時間)チームエントリーに含まれた。

  韓国系打者がメジャー入りするのは崔熙燮(チェ・ヒソプ、現起亜内野手)と秋信守(クリーブランド、外野手)に続いて3人目。最も守備の負担が大きく、同僚投手との意思疎通が重要な捕手としてはチェ・ヒョンが初めてとなる。

  米ワシントン生まれのチェ・ヒョンは両親が韓国人の在米同胞。カリフォルニア州ハンチントンビーチ高校時代から強肩のスイッチヒッター捕手として注目され、06年、メジャーリーグ新人ドラフト第1ラウンド25番目にエンジェルスに指名された。

  185センチ・99キロのチェ・ヒョンは今年トリプルAで打率3割、11本塁打、49打点をマークし、チーム内の最高有望株となった。7月のマイナーリーグオールスター戦では3点本塁打を放ち、最優秀選手(MVP)に選ばれた。

  デビュー4年目でメジャーの夢をつかんだチェ・ヒョンは「全く予想していなかった。シーズンを終えてチームメートとラスベガスに遊びに行くつもりだった。本当に信じられない気持ち」と語った。

【ホットクリック】

・「YFソナタ、米国でホンダアコードを超える」…8月の販売1107台差に
・「私もあなたがキライ」中国外交官、潘基文総長にからむ
・韓国の国家競争力は22位…3年連続で下落
・新韓銀行のビッグ3が名古屋で舌戦…結局は取締役会の表決へ
・在日同胞代表株主「新韓事態、責任を負うべき人が負えばよい」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事