ロックバンドに戻ったソニー元副社長

ロックバンドに戻ったソニー元副社長

2010年08月18日10時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ジェイムス・ウィリアムソン氏
  



  世界的企業ソニーの副社長職を捨てて、若い頃に自分が活動していたロックバンドに戻った米国人が、ポップ界で人気を呼んでいる。主人公は1970年代を風靡したロックバンド「ストゥージズ(Stooges)」の元ギターリスト、ジェイムス・ウィリアムソン(60)。

  米経済専門誌フォーチュンは16日(現地時間)、ウィリアムソンの映画のような人生を紹介した。ウィリアムソンは14歳の時に音楽活動を始めた。その後、抜群のギターの実力で‘パンクロックの大物’イギー・ポップ(実名ジェイムス・オスターバーグ)の目に止まり、71年にストゥージズに合流した。翌年メンバーと一緒に録音した「ロー・パワー(Raw Power)」はパンクロックの記念碑的なアルバムに選ばれる。しかし当時は大人気にはつながらず、バンドは数年で解散した。

  ロック音楽から離れたウィリアムソンはコンピューターに心酔した。電子工学を専攻し、エンジニアの道を歩んだ。97年にはソニーに入社し、技術標準担当副社長にまで昇った。周囲の同僚もウィリアムソンが破格的な舞台マナーで有名だったロックバンドのメンバーだったことに気づかなかった。

  ウィリアムソンの隠れた才能は01年、公演会場でイギー・ポップと再会しながらまた爆発した。ストゥージズを再結成したイギー・ポップが昨年、ウィリアムソンに「バンドに戻ってこないか」と勧めたからだ。ウィリアムソンは悩んだ末、ソニーに早期退職届を出した。還暦をわずか1年後に控えた時点だった。ストゥージズは今年初め、米ロックンロールの殿堂の入るなど人気を集めている。

【ホットクリック】

・北朝鮮が‘統一税’猛非難…「急変事態を念頭に置いた不純な妄言」
・【社説】増える中国観光客…来すぎても心配だとは
・現代・起亜車、カナダで3カ月連続トヨタの販売台数上回る
・米国、イラン制裁対象に「メルト銀行ソウル支店」含める
・三星5製品がヨーロッパで最高製品に選定
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事