【社説】中国観光客誘致戦、その精神から変えよ

【社説】中国観光客誘致戦、その精神から変えよ

2010年08月01日10時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウル地下鉄3号線景福宮駅の近くにある土俗村はサムゲタンで有名だ。いっぺんに200人以上収容できるここは4年物の高麗人参ともち米、カボチャの種、カボチャ、黒ごま、銀杏など特殊材料を入れて夏季滋養食として脚光を浴びてきた。

  ところで2~3年前から土俗村を訪れる客の国籍が変わりつつある。客の半分が外国人で、香港・台湾に続き、中国の観光客たちが急増する状況だ。ソウルはもちろん、釜山、大邱、済州島の観光地とショッピング街、食堂には中国人の客でにぎやかだ。ソウル明洞のフットケア業店では中国の客の誘致競争が激しい。中国人旅行客は2005年だけで58万人にすぎなかった。

  ところが昨年には134万人に増えた。増加速度は早いが中国観光政府が推定した外国人旅行客4766万人に比べれば2.8%にすぎない数値だ。韓国に来た中国人たちは1人当たり1558ドルを使った(韓国文化観光研究員の調査)。

  しかし中国人の金使いは大胆なことで有名だ。ショッピング天国という香港・シンガポールへ行けば中国人たちのブランドショッピング人気が話題に上って久しい。海外に出る中国観光客が1億人を超え、これらがそれぞれ1500ドルを使うと仮定すればおよそ1500億ドルの市場を作るわけだ。

  そんな巨大な市場をめぐり韓国と日本が激戦を予告している。飛行機で1時間の距離にある中国の人口がおよそ5億人になるからだ。両国とも就職口が増えない成長時代に観光産業を新しいブルーオーシャンとして注目する雰囲気だ。中国人観光客に対するビザ発給基準を緩和したのに続き、民官が力を合わせてサービス改善作業を始めた。中国銀行のクレジットカードの発給を受け、中国語案内板設置、専用コールセンター設置、中国語駆使人材配置など中国人口に合うソフトウェアを開発するために尽力している。医療・家族観光を促進するパッケージ商品開発も続いている。

  しかし韓国社会一部で中国観光客を見る見方と考え方は過去のものさしにとどまっている。安物パッケージ観光に失望した中国人たちがインターネットに「韓国観光絶対に行くな」という投稿をするのもそんな理由だ。中国の医療サービスに不満を感じる富裕層、ショッピングやグルメを楽しもうとする中産層を誘致するためには今回のように政府別、企業別に走る方式ではいけない。中国人が好む文化・歴史観光コースを研究し、済州島と南海岸に彼らが好きなアイテムを集め、観光タウンを建設する案も考慮しなければならない。何より観光業界の自省と奮発が急がれる。今のようにダンピングに出血競争に金を搾り取るような取引の慣行では新たな黄金市場をただ見物するだけになってしまう。

  心で温かく迎え、商品で感動させる民間次元の観光外交が切実な時だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事