静止軌道衛星「千里眼」 試験運営に本格着手

静止軌道衛星「千里眼」 試験運営に本格着手

2010年07月15日09時39分
[ⓒ アジア経済/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   教育科学技術部・放送通信委員会・国土海洋部・気象庁は6月27日に打ち上げられた静止軌道衛星「千里眼(チョンリアン)」が目標静止軌道(東経128.2度、赤道上空)に入った後、通信アンテナ信号が正常に測定され、試験運営に本格的に着手したと14日、明らかにした。

  これを受け、韓国航空宇宙研究院が国家気象衛星センター・海洋衛星センター・通信衛星センターの要請を総合的に調整して衛星の一日運営計画を決め、映像撮影・通信運用のための命令伝達および姿勢制御など管制を遂行することになる。

  一方、気象・海洋・通信など搭載体別活動を主管する気象庁国家気象衛星センター・韓国海洋研究院海洋衛星センター・韓国電子通信研究所通信衛星センターは6カ月間の試験運営を通して任務遂行の準備に着手する。

  「千里眼」は7月10日に国内地上局が管制権を引き継いだ後、12日に最初の気象映像撮影、‘13日に最初の海洋映像撮影に成功した。

【ホットクリック】

・現金が必要な北朝鮮、東海のイカ漁場を中国に譲る
・「戦争時に使う機関車すべて故障…北キム・ヨンサム鉄道相昨年処刑」
・<サッカー>朴主永、プレミアリーグ行き?
・三星、ミラノ7ツ星級ホテルに3Dテレビ供給
・両腕ない米国女性テコンドー黒帯結ぶ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事