日帝植民支配協力者の財産調査を終了

日帝植民支配協力者の財産調査を終了

2010年07月14日10時30分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   「親日反民族行為者財産調査委員会」は、日帝植民支配に協力して蓄財した財産を没収して国家に帰属させる4年間の活動を7月12日に終了した、と明らかにした。

  調査委は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時の06年7月、親日行為の見返りとして蓄財した個人財産を没収するため特別法を基礎に活動を開始、4年間で親日・反民族行為者168人の土地1300万平方キロメートル、2373億ウォン(約180億円)分を没収した。この財産は独立有功者の礼遇と独立記念行事支援に優先的に使われる。

  調査委は「現時点でできる親日清算は終わらせた」とし、特別法で承認された2年間の活動期間延長はしないと明らかにした。その間の成果を集大成した白書5冊を出す一方、一般人と学生のための教養書も出版した。

【ホットクリック】

・金正日総書記を「戦争犯罪」で国際刑事裁判所に告発
・天安艦事件後、初めて6カ国協議参加国集まる
・韓米連合海上訓練、場所・規模ともに未定
・3年で3倍に上がったSM時価総額、その背後には少女時代の力
・【インタビュー】岡田外相「韓日、安保・防衛分野でも協力の段階が来た」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事