双竜建設、シンガポールのランドマーク完工

双竜建設、シンガポールのランドマーク完工

2010年06月24日17時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
マリーナベイサンズホテル
  



   双竜(サンヨン)建設が着工から27カ月目となる23日、シンガポールのマリーナベイサンズホテルを完工した。 このホテルはシンガポール政府が観光産業を育成するために造成している複合リゾートの核心で、52度傾いたビルとして話題を集めた。 工事費は6億8600万ドルで、国内の海外建築受注額では最高額。

  ラスベガス・サンズ・グループのマイケル・レビン社長は「ホテル建築史上最も難易度が高い工事だったが、1件の事故もなく工期内に完璧に施工された」と双竜建設側に感謝の意を表した。

  双竜建設の金錫俊(キム・ソクジュン)会長は「双竜建設の歴史はこのホテルの竣工前と後に分けられるほど意味が大きい工事」とし「難易度が高いこの工事の経験が今後の海外受注で‘保証書’の役割をするだろう」と述べた。

【ホットクリック】

・<W杯>日本メディア「韓国、世界の壁を越えた」
・サッカーで興奮… 漢江に跳び込んだ20代溺死
・イェソン、国旗毀損について「太極旗描かれたTシャツ」
・【社説】我が子たちがこうなるまで大人たちは何をしていたのか
・千里眼衛星、今日の打ち上げは不可
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事