イ・ヒョリ、盗作認める…すべての放送活動を中断

イ・ヒョリ、盗作認める…すべての放送活動を中断

2010年06月21日08時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手イ・ヒョリ
  



  歌手イ・ヒョリ氏(31)が4枚目アルバム「Hロジッグ」(h.logic)の一部の収録曲に対して盗作事実を認め、歌謡・放送活動を中断した。

  イ氏は20日午前、公式ファンコミュニティに掲載した文で「4枚目収録曲の中のバヌスバキュームからもらった曲が問題になった。調査の結果、バヌスの物ではないという事実が明らかになった」とし「問題を解決するのに長い時間が必要なようだ。残念だが、歌手活動は一時できなくなるようだ」と明らかにした。

  バヌス(本名イ・ジェヨン)は7人で構成された作曲家集団であるバヌスバキュームで活動中の作曲家だ。イギリスで主に活動中であり、イ氏のアルバムには初めて参加した。

  4月、イ・ヒョリ4枚目アルバムがリリースされた直後、バヌス側で作曲した「ブリングイットバック」(Bring It Back)「フィール・ザ・セイム」(Feel The Same)「アイムバック」(I'm back)「メモリー」(Memory)「ハウ・ディドゥ・ウィー・ゲット」(How did we get) 「ブランコ」など6曲が盗作の是非に包まれた。

  盗作論難が出ると、バヌス側は「6曲とも2008年に作曲したもので、当時レコーディングしたデモテープが流出した」と主張した。イ氏の所属事務所であるエムネットメディア側も問題提起をしたが、バヌス側はイギリススタジオレコーディング日誌など各種証拠書類を提出した。

  しかしエムネットメディア側は「盗作疑惑が申し立てられた6曲のうち2曲の原作者から(盗作という)返事が来た」とし「(バヌス側の)証拠書類もすべて捏造されたものだった」と説明した。

  イ氏が盗作論難で活動を中断したのは2度目だ。2006年にもセカンドアルバム「ゲットヤー」(Get ya)が米国ポップスター、ブリトニー・スピアーズの「ドゥ・サムシン」(Do Something)を盗作したという疑惑が申し立てられ、歌手活動を暫定中断した。

  イ氏はこの日は外出を慎んだまま自宅にとどまっていたということだ。エムネットメディアの関係者は「イ・ヒョリさんが大きな衝撃を受けたようだ」とし「しばらく後続曲の活動はもちろん、当分放送出演もしない」と伝えた。

  イ氏はファンコミュニティに掲載した文で「つらく、完璧を期すことができなかったということに対し、自責の念を強く感じている」と心境を明らかにした。エムネットメディア側は作曲家バヌスを詐欺の疑いで告訴する方針だ。

【ホットクリック】

・【W杯】北“おじさん応援団”の正体は先軍政治の軍人たち
・【噴水台】 二つの祖国
・白頭山、4~5年以内に噴火か
・トヨタのブランド順位、6位から21位に落ちる
・老朽のF-5戦闘機、10年間に11機墜落
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事