【W杯】今回もペレの呪い?

【W杯】今回もペレの呪い?

2010年06月18日15時58分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  「ペレの呪い」がまた出回っている。

  「ペレの呪い」はFIFAワールドカップなど大きな大会を控えてブラジルの“サッカー皇帝”ペレが予想した大会優勝候補たちは脱落、あるいは優勝できないというジンクスを示す。

  ペレは1982年、スペインワールドカップ時、ブラジル、アルゼンチン、スペインを優勝候補と占ったが、1チームも4強に入らなかった。94年、米国ワールドカップではブラジルを酷評し、ドイツの2連敗を予想した。しかし優勝はブラジルだった。98年、フランスワールドカップ時はスペインを、2002年韓日ワールドカップではフランスを1位候補に挙げたが2チームとも組別リーグで脱落した。

  ペレは11日(日本時間)2010年、南ア共和国ワールドカップ開幕時点に優勝候補を問う質問にブラジルとスペインを挙げた。「今はヨーロッパではスペインが、南米ではブラジルが疑う余地もなく最高のチーム」と述べた。しかしスペインは16日、組別予選H組1戦目でスイスに1-0で衝撃の敗北に喫した。「無敵艦隊」スペインがスイスに崩れると「ペレの呪い」が再び始まったのではないかといわれている。

  またB組1戦目でアルゼンチンに1-0で敗れたナイジェリアも「ペレの呪い」を受けたのではないかといわれる。ペレはマラドーナがアルゼンチンの代表監督に赴任すると「マラドーナは経験不足でチームを困らせる」とし「ナイジェリアが優勝するだろう」と予想したのだ。

  一方ペレはこうしたジンクスに対し「記者たちが予想と違ったものばかり取り上げて言う」と不満をもらしたが、彼のネームバリューが与える重さが、彼の外れた予言をいつも話題頂点に上げている。

  

【ホットクリック】

・【取材日記】韓国を正しいとしたトルコも“天安艦でっちあげ”の共犯か
・【写真】‘ワールドカップ応援美女’キム・ハユル
・<W杯>「多くの準備がむしろマイナスに」 韓国-アルゼンチン戦観戦評
・中学生3人、孤児家庭の小学生に常習性暴行
・スバルコリアがリコール…一部モデルに欠陥
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事