「羅老」3度目の打ち上げなければ契約金の一部支払わない

「羅老」3度目の打ち上げなければ契約金の一部支払わない

2010年06月17日09時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   ロシアが人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」の3度目の打ち上げに協力しなければ、韓国側は契約金額の5%に相当する1050万ドルを支払わないことにした。

  教育科学技術部の金暎湜(キム・ヨンシク)科学技術政策室長は16日、ソウル世宗路(セジョンロ)政府中央庁舎で行った「羅老」関連の記者会見でこのように明らかにした。契約金額は当初伝えられた2億ドルよりも多い2億1000万ドルだった。

  3度目の打ち上げを予定通りに行うとしても、韓国は契約書上、ロシアに契約金額の2%を支払わない可能性があると、金室長は付け加えた。すでに2度の打ち上げに失敗したからだ。3度目の打ち上げを行う場合、「羅老」1段目ロケットの関連費用は全額ロシア側が負担する。現在の未払い代金は全体の10%未満という。

  この日の記者会見で3度目の打ち上げに関するロシア側の立場は出てこなかった。しかし韓国は国民の情緒上、ロシアは1段目の飛行実験がさらに必要という点から、ともに3度目の打ち上げを放棄する可能性は少ないと、専門家らは予想している。

  この日の記者会見によると、韓国は最初の失敗後、3度目の打ち上げに備えて、すでに「羅老」2段目の製作を完了しているという。衛星は単純通信機能だけを持つ模擬衛星を搭載するのか、1・2度目のように実際の衛星を搭載するかは、今後さらに議論して決める計画だ。

  韓ロ共同調査委員会(FRB)は14日、全羅南道高興(チョンラナムド・コフン)羅老宇宙センターで行った1次会議で、韓国が製作した「羅老」2段目の飛行データを分析した結果、異常兆候は見つからなかった。ロシアが製作した1段目の飛行データ分析結果はまだ出ていない。

  FRB会議はさらに2回開かれる。その過程で「羅老」空中爆発の原因が明らかになると期待されている。済州道(チェジュド)南側の海上に落ちた「羅老」のエンジンなど残骸を引き揚げるかどうかは未定だ。ロシア側は引き揚げよりも飛行データの分析を優先するという立場だ。

【ホットクリック】

・カジノに出入りしていた日本人観光客が投身自殺/ソウル
・<W杯>ベロン「韓国は激しい危険なチーム」
・【社説】今は安保危機状況…軍の混乱迅速に取りまとめよ
・日本「はやぶさ」の帰還導いたイオンエンジン輸出模索
・100億ドル規模のトルコ原発受注へ…UAEに続く‘快挙’
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事