韓国茶、礼節の核心は他人への配慮

韓国茶、礼節の核心は他人への配慮

2010年06月14日16時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  13日、仁川南洞区九月洞(インチョン・ナムドング・クウォルドン)の仁川市役所前広場に全国でとても有名な茶の名人1500人が集まって第30回茶の日記念式と全国茶人フェスティバルを開いた。コンテストではキム・ヨンエ専門師範(全北)が出品した「緑茶がローズに会った時」が大賞を受けた。市民対象の煎茶体験と茶礼節デモンストレーション、野外茶の集いが続いた。

  この日のイベントを主管したイ・グィレ韓国茶文化協会理事長(81)は韓国茶文化の伝道師として通じる。1970年代に始まった韓国茶文化復興運動の1世代で閨房茶礼技能保有者だ。閨房茶礼は朝鮮時代の女性たちが隣人や知人を招待して茶会を施した意識と形を受け継いだのだ。

  この日に会ったイ理事長は「10数年前までコーヒーなど外来の飲み物に押されていた茶がこれからは世界の人たちが注目する健康飲料に成長した」と評価した。また「韓国茶礼の核心は他人に対する思いやり」とし「茶は心身を一緒に育ててくれる人生の大きな友」と話した。茶に魅了されたきっかけについては「東学農民運動にも参加したおじいさんが、友達が訪ねて来る度に孫を呼んで茶をいれさせ、茶の礼節を教えてくれたから」と言った。73年韓国茶文化研究と普及活動を始めた彼は成均館留学堂を訪ねて茶の講義を聞いて茶文化の古典で通じる茶経、東茶頌などを直接翻訳しながら勉強した。79年には1世代茶人たちとともに韓国茶人会を発足し、81年、毎年5月25日を茶の日と指定した。私財をはたいて仁川九月洞に茶道教育館と展示館を建て、学校を回りながら茶礼講習会を開いた。95年ドイツを始まりに米国、中国、インドなど15カ国で韓国茶文化展を開いてきた。

  

【ホットクリック】

・韓国型ロケット、2018年までに開発
・「韓国ーロシア間の責任攻防はまだない」
・<W杯>日本、「韓国はアジアの英雄」絶賛
・【社説】6・15から10周年、北朝鮮発「ソウル火の海」脅威
・「天安艦調査は疑惑だらけ」…参与連帯が安保理に書簡
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事