「日本を称賛した歌詞を書いたこと謝りたい」

「日本を称賛した歌詞を書いたこと謝りたい」

2010年06月10日16時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1948年パク・ジェホンが歌った「泣いて越える朴達チェ」の最初の一節だ。歌が世に出てから半世紀以上経ったが、昨年、国民愛唱曲の調査で6位に上がるほど人気は冷めやらない。

  故盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領の愛唱歌として有名だったこの曲の歌詞は、元老作詞家半夜月(パン・ヤウォル)先生(93)が書いた。半先生は「断腸のミアリ峠」「昭陽江の娘」「山荘の女」など解放前後の混乱する時代に心の琴線に触れる5000曲の作品を発表し「歌謡界の巨星」という名声を得た。

  しかしそんな彼にも一生の悔いとなって残る痛みがある。日本強占期にミリタリズムをほめたたえる歌詞を書いたという理由で2008年4月、民族問題研究所が発刊した親日人名辞典に登載されたのだ。昨年11月には新日本民族行為真相究明委員会の報告書にも名前が上がった。

  半先生は9日、ハンナラ党イ・ジュヨン(慶南馬山甲)議員が国会で開催した懇談会で親日の行績に対して言葉を述べた。解明がなければならないという社会各界の要請により用意された席だった。彼は「不本意ながら(日本をほめたたえる)歌を作って迷惑をかけて本当に残念に思う」と「大変申し訳なく、国民にお詫びしたい」と頭を下げた。

  半先生はそれとともに当時、日本によって親日行為を強要された記憶を思い浮かべた。

  彼は「東洋拓殖株式会社が農民たちを収奪して満洲に移住させることを素材として抵抗歌謡を作ったのが「新しい故郷北京車」だが、これが禍根を呼んだ」と「太平レコードの専属歌手として日本にアルバムをレコーディングしに行かなければならないのに、パスポートをくれず、暴行され、どうにもできなかった」と話した。

  

【ホットクリック】

・羅老号、今日の午後5時1分に打ち上げ
・キム・ヨナ、悪質な書き込みに奮起
・<W杯D-1>鄭大世「北朝鮮、ブラジルに勝てる」
・学校から拉致後性暴行…被害少女6時間の大手術
・脂肪の塊を溶かすタンパク質発見/日本
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事