キャンベル米国務次官補「天安沈没事件、中国に責任ある役割を要請」

キャンベル米国務次官補「天安沈没事件、中国に責任ある役割を要請」

2010年04月27日09時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)アジア太平洋担当次官補は26日、「天安(チョンアン)沈没事態と関連し、中国政府と緊密に相談している」とし「中国も深い憂慮と慰労を表している」と述べた。

  キャンベル次官補はハワイの東西センターが主催した国際メディアカンファレンス招待講演の後、記者らと会い、「中国政府と協議したか」という質問に対し、「協議した。中国政府に最も近い人たちが今回の事件に関して深い憂慮を表してきた。中国政府は今回の事件を非常に深刻に受け止めていると聞いている」と明らかにした。

  キャンベル次官補は「天安事件の状況進展に基づいて、中国が責任ある役割を果たしてくれるよう要請した」と述べた。また「天安事件が北朝鮮の攻撃と確認され、国連安保理に回付される場合、韓国を助けるか」という質問に対しては、「まだ最終的で公式的な証拠は見つかっていない。私たちは韓国の主導で緊密に複数の国と調査を進めている」と答えた。

【ホットクリック】

・ 金正日、「対南作戦計画」を変更
・ 独ダンサー、アフタースクールの「バン!」と振付似ていると主張
・ 海外消費者の韓国商品イメージ指数が上昇
・ ‘キム・ヨナ・カンパニー’設立…母パク・ミヒ氏が代表
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事