【社説】我々は厳存する北朝鮮の脅威を忘れていた

【社説】我々は厳存する北朝鮮の脅威を忘れていた

2010年04月22日11時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  黄長燁(ファン・ジャンヨプ)暗殺組2人が国内にしのび込んで捕らえられた。これらは北朝鮮偵察総局所属人民軍少佐で、脱北者に偽装して入国した。天安艦事態で怒りと悲痛に満ちた韓国社会に、今回直派スパイという“とばっちり”を受けたのだ。私たちはこれまで厳存する北朝鮮の脅威を忘れ、背を向けて来たのではないか。衝撃が大きくてあまりにも悔しい。

  顧みれば北朝鮮は挑発とスパイ行為を行わないことはなかった。太陽政策時代も同じだった。初の西海交戦は金大中(キム・デジュン)政権下で起きた。政党にまで潜入した一心会スパイ集団も盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府の時のことだ。結局、北朝鮮は冷戦期はもちろん和解協力の平和期にも好戦本色を隠さなかったのだ。

  北朝鮮は特に政権世襲期に強力に挑発して来た戦力がある。金正日(キム・ジョンイル)委員長が金日成(キム・イルソン)主席の後継者に浮上したころ、軍事挑発をほしいままにした。今も似ている。キム・ジョンウン氏が後継者に浮上した中、核実験と対南挑発を躊躇していない。外部的緊張造成を通じて内部的状況を整理しようとするものと見られる。それだけ今後もこんな安保的状況が続く可能性が高い。

  一方、韓国の安保意識は緩んだ状態だ。李明博(イ・ミョンバク)大統領が昨日「分断されて60年になるから軍もややマンネリズムになっていなかったかと思う」と述べた。軍の最高統帥権者としての自省がしみこんだ評価だと思う。国民も同じだ。一部の青少年は米国を「主敵」と言うほどだ。国防白書で主敵概念が消えたのか。盧武鉉政府時の2004年、国防白書で北朝鮮が主敵から「直接的軍事脅威」に変わった。この政府が始まっても「直接的で深刻な脅威」に少し手入れしただけだ。

  もちろん北朝鮮は究極として和解と協力を通じて共存共栄しなければならない我々の半分だ。しかし平和はお金で買うことも、覚え書きで保証されるのでもない。外交は元々不信が土台だ。警戒心を持ちながらも信頼を積むのだ。まして南北は軍事的対峙状況ではないか。相互信頼も必要だが、どんな脅威にも平和を守りぬくことができる総体的能力が前提になければならない。過去10年の南北和解ムードで韓国社会の安保意識は武装解除されたに違いない。天安艦被撃とスパイ事件は我々が決して平和な時代に生きているのではないという警戒心を悟らせてくれた。緩んだ対北警戒心をまた引き締め、安保意識を引き締める契機としなければならないだろう。

  政府の対スパイシステムも総体的に再点検する必要がある。このごろスパイは軍事分界線を越えるのも、潜水艇を利用しない。堂々と仁川空港を通じて入国する。北朝鮮脱出同胞が今年2万人を越える見通しで、中国同胞も30万人台と推算される。情報当局は高度の情報収集能力と対応態勢をもたなければならないのだ。今回は幸いに事前に摘発されたが、安心することができないのだ。金正日委員長の妻のおいである李韓永(イ・ハンヨン)さんが北朝鮮工作員と推定される怪漢に暗殺されても結局しっぽすらつかまえることができなかったとんでもない前例もある。黄氏に対する警護対策を大幅に強化しなければならないのはもちろんだ。

  地球上で最も好戦的な勢力が指呼の間にあるという事実を一時も忘れてはいけない。

【ホットクリック】

・ 韓国の国家競争力、G20で8位
・ 北軍部「今日、金剛山不動産を調査」
・ ‘魅力のない日本債券’ 外国人が脱出ラッシュ
・ 「すぐ近くに最も好戦的勢力がある」李大統領、連日北朝鮮批判
・ 韓国のフィッシングサイト 世界2番目に多い
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事