「北、デノミ問責で朴南基氏を平壌で公開銃殺」

「北、デノミ問責で朴南基氏を平壌で公開銃殺」

2010年04月05日11時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   北朝鮮のデノミ(貨幣改革)の失敗の責任を問われて粛清された朴南基(パク・ナムギ)北朝鮮労働党計画財政部長が、先月12日に平壌(ピョンヤン)で公開銃殺されたと、北朝鮮専門インターネット新聞のデイリーNKが4日伝えた。

  朴南基部長は平壌体育村ソサン競技場で中央党および経済分野の幹部が見る中で銃殺され、これに先立ち裁判官が朴部長に向かって「貨幣改革で人民の生活を塗炭に陥れた希代の逆賊」と非難したという。

  その間、朴南基部長の公開銃殺説が提起されていたが、具体的な日時と場所が伝えられたのは今回が初めて。朴部長とともに名前が確認されていない国家計画委員会副委員長1人も処刑されたと、デイリーNKは伝えた。朴部長の処刑後、ユン・キジョン元政務院財政部長が内閣に復帰し、人民経済分野を収拾しているという。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事