天安艦艦長「爆発後船が半破…後尾見えなかった」

天安艦艦長「爆発後船が半破…後尾見えなかった」

2010年03月29日08時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  沈没した天安艦のチェ・ウォンイル艦長(中佐)は「26日夜9時25分ごろ、艦長室にいたところ急にドカンという衝突音とともに船体が右に傾いた」と沈没当時の状況を説明した。27日、平沢第2艦隊司令部が行方不明者の家族たちを相手に事故内容と構造計画を説明した席でのことだ。

  チェ艦長は「(衝撃で)艦長室の机の下にめりこんだし、ドアが開かずに外で部下たちがつちで門を壊して入ってきたので救われた。船の上に上ってみたら船が半破して後尾が見えなかった」と述べた。チェ艦長は何回も「船が1秒で沈んだ」と述べた。家族たちは「船がどうして1秒で沈むのか」と声を上げるとチェ艦長は「表現を間違えた」と謝った。

  チェ艦長は事故原因に対する質問に「衝突時、私の体が50センチほど飛びあがってから落ちた」とし「内部衝撃によるか外部衝撃によるかは調査してみないとわからない」と答えた。爆発後、火薬のにおいがしたというのは事実かという問いには「火薬のにおいではなくて油のにおいがしたが、これは爆発によって油類タンクから出たようだ」と説明した。

  行方不明者の家族たちは「艦長が恥ずかしくも生還して何が言えるのか。すまないと言えば済むのか」と激昂した反応を見せた。「私の息子を返してよ」という叫びも続いた。

  同日、2艦隊司令部に復帰した生存者たちは天安艦の内部爆発が沈没の原因ではないと主張した。生存者のうちのある大尉は「船が内部の爆発で穴があいて沈没したとか障害物にかかった可能性は絶対ない」とし「私が断言できる」と言った。この大尉は「ほかの沈没原因は(北朝鮮から)攻撃を受けた可能性だが、この部分は正確ではなく、軍で現在調査中なので私が言う立場ではない」と外部攻撃の可能性を示唆した。

  天安艦に乗ったある上士は「夜食を食べていたら急に船が大きく揺れて停電になり、私の体が上に10センチほど跳ね上がった」とし「闇の中で壁を手探りして外に出て見ると船が後尾の方に傾いていた」と事故の当時を語った。

  行方不明者の家族たちは27日、京畿道平沢市海軍2艦隊司令部に集まって軍当局が事態に安易に対処していると強力に抗議した。すると海軍はこの日午後4時ごろ、部隊の中で行方不明者の家族たちを相手にブリーフィングを行った。しかし家族たちは「説明が不十分だ。どうして記者たちを排除してブリーフィングをするのか」と反発した。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事