【社説】日本政府は皇室保管朝鮮宝物を速かに返還せよ

【社説】日本政府は皇室保管朝鮮宝物を速かに返還せよ

2010年03月25日10時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   赤と黄色で彩られた華麗で繊細な『明成皇后国葬都監儀軌』。朝鮮の代表的な記録遺産に選ばれる王室儀軌は、07年にユネスコが世界文化遺産に指定した貴重な文化財だ。高麗・朝鮮時代に王が学識高い臣下から講義を聴く際に教材として使われた『通典』とはどういうものか。高麗・朝鮮の王室を経て現在まで残されてきた極めて重要な資料だ。『王世子冊礼都監儀軌』の古くなった表紙は朝鮮王朝の最後の姿までも連想させ、心が痛む。値を付けられないこうした資料639種4678冊が日本皇室図書館の宮内庁書陵部に眠っている。昨日、中央日報を通してその写真が公開された。当然、私たちの懐に戻ってくるべきではないだろうか。

  他の誰よりも当事者の日本政府が立ち上がり、返還問題に誠意を見せなければならない。1965年の韓日協定ですべて片付いたという言葉ばかり繰り返す懸案ではない。第6次韓日会談が進行中だった1962年、韓国政府が当時把握された4479点の文化財返還を要求したが、1432点を返してもらっただけだ。韓国側は『王室儀軌』や『通典』の存在さえも知らなかった。明成皇后国葬儀軌など日本宮内庁が所蔵する70余種の儀軌は、1922年に朝鮮総督府が日本皇室に‘寄贈’したものと後になって明らかになった。韓国海外典籍調査研究会・朝鮮王室儀軌還収委員会など国内民間団体の隠れた努力のおかげだ。国権を強奪した状況で他人の貴重な文化財を自分たちで‘寄贈’したというのが話になるのか。一昨年ソウルで開かれたユネスコ傘下「文化財返還促進のための政府間委員会」(ICPRCP)専門家会議でも、「帝国主義植民侵奪当時に不法的に略奪された文化財は元所有国に戻されるべき」という要旨の「ソウル宣言」が採択された。韓日強制合併100年を迎えた今年、日本政府が良識ある決断を下すことを求める。

  韓国側も感情的に対応してはならない。実質的に返還を実現させる外交的努力が必要だ。ユネスコの「文化財不法搬出入及び所有権譲渡の禁止と予防手段に関する協約」は、1970年以降の盗掘・不法搬出文化財だけを対象としている。李貞鉉(イ・ジョンヒョン)議員が主導して先月国会が全員一致で採択した「日本所蔵朝鮮王朝儀軌返還要求決議案」が、他の文化財を差し置いてひとまず儀軌だけを対象にしたのも返還の可能性を考慮したからだ。幸い、06年に東京大学が朝鮮王朝実録五台山(オデサン)史庫本をソウル大に返還した良い先例がある。学界と仏教界、政界が力を合わせて日本側を説得したからだった。五台山史庫本も1913年に朝鮮総督が日本に搬出したものだった。

  国外に散らばる私たちの文化財は文化財庁が把握したものだけでも10万8000点近くになる。フランスの外奎章閣図書返還問題もある。韓国政府・政界がもう少し積極的に乗り出さなければならない。日本が自ら決断して措置を取ればそれ以上のものはない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事