<大リーグ>サンフランシスコを去った金炳賢、韓国行き?日本行き?

<大リーグ>サンフランシスコを去った金炳賢、韓国行き?日本行き?

2010年03月18日09時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   米プロ野球サンフランシスコ・ジャイアンツを離れた投手・金炳賢(キム・ビョンヒョン、31)の去就に関心が集まっている。金炳賢は2年ブランクを踏んで先月初め、サンフランシスコに入団したが、球団側と練習スケジュールをめぐり摩擦が生じた。結局、16日(日本時間)、メジャーリーグ40人のロースターに含まれず、球団との契約を解約した。

  現在、金炳賢はメジャー他球団を最優先に移籍先を探している。移籍がうまく進まない場合、韓国または日本行きも考えられる。国内に戻る場合、金炳賢はネクセン・ヒーローズに入団しなければならない。07年の海外選手特別指名当時、金炳賢を選んだ現代(ヒョンデ)が指名権をネクセンに譲渡したからだ。

  ネクセンのイ・ジャンソク代表は「金炳賢が関心を表せばすぐにも交渉を始める」と意欲を見せた。ネクセンのキム・シジン監督も「大歓迎だ。即戦力として活用できるだろう」と期待を表した。

  国内ではトレーナーとともに段階を踏んで復活練習に専念できるという長所もある。金炳賢は最近のインタビューで「韓国に行くなら故郷チームの起亜(キア)がいい」と希望を表したが、まずネクセンで1年間プレーした後、起亜への移籍が可能だ。

  メジャー他球団への移籍または日本進出の可能性も排除できない。米国ではブルペンが弱いシカゴ・カブスが金炳賢を獲得する可能性がある。しかしほとんどのチームが戦力補強を終えているため、メジャー契約は難しいと予想される。

  日本行きも現在では不透明だ。金炳賢は04年、所属チームのボストンが千葉ロッテとトレード交渉を行った際、これを断っている。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事