「韓国は日本民主党政権とネットワーク構築を」…姜尚中東大教授(2)

「韓国は日本民主党政権とネットワーク構築を」…姜尚中東大教授(2)

2010年03月10日16時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   姜尚中教授は韓日関係について「最近、日本では‘キム・ヨナ・シンドローム’が広がり、三星(サムスン)電子の売上増大で‘日本が韓国に追い抜かれるのでは’という言葉も出てくるほど韓国に対する評価が高まっている。韓日関係が良くなれば日本にも役立つという認識が拡散している」と述べた。

  しかし「韓日間には過去の歴史の清算、独島(ドクト、日本名・竹島)、北朝鮮への対応方式、在日同胞の参政権、貿易摩擦の5つの障害物がある」と指摘した。 解決方式には「天皇の訪韓などさまざまな方法で両国間に歴史交流を拡大し、韓日貿易の赤字は韓日自由貿易協定(FTA)を通して段階的に解決していく」ことを提示した。 姜教授は「日本から独島問題をめぐる妄言が出てきても、韓国は実効的支配をしているため感情的に対応する必要はない」と述べた。

  また韓国に対しては「日本で新しい変化が起きている点をはっきりと認識して対処する必要がある」とし「日本の政治はまだ不安定なので韓国が過度な期待を抱くのは避けるべきだ」と助言した。 さらに「韓国はもう中国と日本の間に挟まれた小さな魚ではなく、活発に遊ぶイルカになり、世界政治舞台で大きな役割をし始めた」とし「日本も東アジア共同体構想で韓国を非常に重視している」と強調した。姜教授は「韓国政府も500万人の海外同胞とのネットワークを強化し、同胞が自負心を持って生きていけるようにすべきだ」と強調した。

「韓国は日本民主党政権とネットワーク構築を」…姜尚中東大教授(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事