【冬季五輪】「こんなことで決別しない」…クラマーとコーチが和解

【冬季五輪】「こんなことで決別しない」…クラマーとコーチが和解

2010年02月25日17時46分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   スピードスケート長距離最強のスベン・クラマー(オランダ)は度量の大きい選手だった。 自分の金メダルを台無しにしたコーチを許した。

  24日(日本時間)、クラマーが失格で1万メートルの金メダルを逃すと、オランダ国内は衝撃に包まれた。 最近崩壊した連立政権の話はすっかり埋もれた。

  オランダ日刊紙アルゲメン・ダグブラドのデン・エルト記者は「国家的な悲劇だ。 国民はみんなクラマーの話しかしていない」とし「数日前に辞任した首相の記事は1面から外れ、その場所にクラマーが入っている」と伝えた。

  クラマーは24日の1万メートル決勝で1位のタイムで決勝ラインを通過したが、失格処分を受けて2冠が消えた。 ケムケルス・コーチの勘違いで走路違反をしたからだ。 18周目に入ったクラマーは、ケムケルス・コーチの「内側レーン」という叫び声を聞いて走路を慌てて変えた。 自分の走路から外れた明らかな規定違反だった。

  オランダメディアはすぐにケムケルス・コーチを非難した。 デン・エルト記者は「クラマーの失格は明らかにケムケルスのミス。 スーパーボールでコーチがヘマをするのと同じ」と怒りを表した。

  しかし当事者のクラマーはケムケルス・コーチを抱きしめた。 ケムケルス・コーチと決別せず、今後も指導を受けることにしたのだ。

  「失格」を聞いた直後、ゴーグルを投げ捨てるほど怒りを表したクラマーは、「これまで本当によく指導してくれた。 一度失敗したからといって優秀な指導者を失うことはできない」とコーチをかばった。

  世界選手権大会3回優勝、ヨーロッパ選手権4回優勝、五輪5000メートル金メダルなど、クラマーの業績の大半がケムケルス・コーチと一緒に築いたものだ。

  クラマーは「昨日はショックが大きくてコーチと言い争いをした。 しかし私は恨みをいつまでも抱く人間ではない。 それが自分にもチームにもプラスになる。 コーチに‘一緒にやろう’‘もっと多くの勝利を一緒につかもう’と話した。 それがコーチと自分にとってもっと大切だ」と述べた。

  クラマーとケムケルス・コーチは最後の団体競技でもう一度金メダルに挑戦する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事