米遠征「コリアンインターガール」…麻薬・賭博にはまり廃人に(1)

米遠征「コリアンインターガール」…麻薬・賭博にはまり廃人に(1)

2010年02月23日13時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2006年、米国に密入国して5年、性売買店で働く韓国女性Aさん(36)。Aさんは米国人たちを相手する「マッサージパーラー」(マッサージ店)で働きながら月最小1万ドル以上を稼いだ。5年の間、このお金を蓄えると米国で起業するという「アメリカンドリーム」を実現することもできた。しかしさびしさには耐えられかった。麻薬を投薬したり休みにはカジノで1日に1万ドルを稼いだりした。

  刑事政策研究院チャン・ジュノ博士は昨年5月から4カ月間、米国国内韓国人性売買女性18人と売買業店関連者4人を深層インタビューした。韓国人女性の米国遠征性売買に関する初の事例分析報告書だ。性売買女性たちはたいてい不法就業斡旋組職を通じて米国に密入国している。これらは航空料とブローカーに与える手数料まで密入国に平均1万ドル程度を使った。これらは「数年苦労して人生を変える」という夢を持って米国国境を越えた。

  ◆大陸横断営業=韓国の米国遠征性売買斡旋組職はインターネットに「不況脱出…米国で働く女性探しています」のような広告を出し、女性たちを誘引した。ブローカーたちは米国密入国費を出すことができなければ、一応現地で就職した後でお金を稼いで返させた。

  調査対象だった性売買女性18人のうち7人がカナダ・メキシコを通じて米国に密入国したと答えた。カナダで車に隠れて国境を通過したり、メキシコ人の間に混ざって米国~メキシコ国境の砂漠を歩いて通過する危険を冒して米国の地を踏んだ。残りの11人は観光ビザで入国したが、すぐ不法滞在者身分になった。このうちの1人は偽装結婚で永住権を得た。しかし米国移民当局に摘発されれば、いつでも追放される不安な状態だ。

  

  

米遠征「コリアンインターガール」…麻薬・賭博にはまり廃人に(2)

【ホットクリック】

・ 自発的性売買5000人…米「韓国は性輸出国」
・ オーサーコーチ「22年前の自分のミス、ヨナにさせない」
・ トヨタ、安全を軽視して「経費削減」自賛
・ 鳩山首相夫人「アイリスDVDに感謝」…中央日報に手紙
・ 和食グローバル化に貢献「韓食もグローバル化可能だ」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事