裸卒業式の加害・被害者「慣行なのに」… 罪の意識なし

裸卒業式の加害・被害者「慣行なのに」… 罪の意識なし

2010年02月17日11時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  16日午前9時30分ごろ、京畿道一山警察署に10代男子生徒4人と彼らの保護者4人が入ってきた。親のうちの1人が生徒たちに「君たちはこれがどれだけ大変なことか分からないだろう」ととがめるように言った。親たちは言葉にも慎重だったが、生徒たちは心配した様子ではなかった。しばらくして女子生徒3人が警察署へ来た。ある保護者が「女子生徒は正月連休にスキー場も行ってきた。子どもたちは忙しい」と言った。

  この生徒たちは13日からインターネットを通じて急激に広がった「裸の卒業式コンパ写真」に写った京畿道高陽地域A中学校の卒業生たちだった。これらは11日卒業式の時、裸の状態で写真が写っており、「校内暴力」論難に巻き込まれた。警察は被害者の調査のためにこれらを呼んだ。正月連休期間に7人が調査を受け、この日、追加で7人が警察に出頭した。被害者の保護者のうちの1人は「先輩が卒業式コンパに出なければ一山を歩けると思うなと連絡をしてきたと言っていた」と話した。警察関係者は「コンパで先輩の強圧があった」とし「被害者たちが加害者たちの処罰を願っている」と明らかにした。

  被害者が警察に述べたことによればA中学校のコンパは毎年の慣行だったという。ある保護者は「加害者のある生徒はすまないと言ったが、残りの子たちは『私たちも昨年、まったく同じことをされたが、何が間違っているのか』とむしろ非難していた」とし「今後、その子たちとは会うことができないようにする」と言った。

  A中学校隣近のB中学校でも卒業式があった当日の11日、コンパがあった。B中学校の生徒の1人は取材陣に「私たちは男の子たちだけ脱いだ。A中学校も昨年には男子だけ脱いだが、今年は女子生徒を脱がせて大騒ぎとなった」と述べた。生徒たちは、加害者の先輩のうちの女子生徒は「1チャン(最高)」と表現し「恐ろしいことで有名な先輩」と述べた。1チャンはけんかに最も強い生徒という意味の俗語だ。これだけではない。「裸が露出された被害生徒たちの中にも1・2・3チャンがいる」という供述が出た。警察関係者は「暴力サークルであるイルジン会とは関連はない」と述べたが、今回の事件にかかわった人々が、暴力のひんぱんな「遊ぶ子どもたちの集まり」という事実を該当の学校と近く中学校の生徒たちを通じて容易に確認することができた。このような話を総合してみると、被害者が翌年には加害者になるケースが継続的につながっていることがわかる。これはある学校の問題ではない同じ年齢文化全般に広く広がっていた。

  A中学校と同じく裸コンパをしたというB中学校の生徒たちは、今回の事件を深刻に受け入れていない。ある生徒が「恥ずかしくないし、とても面白い。ひとつの思い出だと思います。生まれて一度しかできないことだからです」と述べた。「自分たちも女子生徒になりたかった」と言って笑う生徒もいた。警察は今回の事件を強圧による暴力とみて、検察の指揮のもと加害生徒たちを司法処理することにした。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事