鳩山首相、芸能人の友人と官邸で誕生日パーティー

鳩山首相、芸能人の友人と官邸で誕生日パーティー

2010年02月13日12時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   鳩山由紀夫日本首相が11日、63歳の誕生日を迎え、首相官邸で芸能人の友人と質素なパーティーを開いた。11日は日本の建国記念日で、国会が開かれず、幸夫人が親しい友人を昼食に招いたという。

  読売新聞などによると、出席者は和田アキコさん(59、歌手)と橋幸夫さん(67、歌手)、うつみ宮土理さん(67、タレント)ら芸能界の大物だ。普段から首相と親しく、昨年11月にも官邸を訪問して首相に会っている。非公開で行われたこの日の誕生日パーティーは2時間半ほど続いた。

  和田アキコさんはユン・ソナ、へリョンら韓国芸能人の日本進出を支援している。毒舌的な話法で20年以上も長寿トーク番組「アッコにおまかせ」を進行している。うつみ宮土理さんは幸夫人のように熱血的な韓流ファンだ。07年には慶煕(キョンヒ)大で3カ月間の語学研修を受け、同年、韓国食文化広報大使を務めた。

  読売新聞は「自身と小沢一郎民主党幹事長の政治資金をめぐる検察の調査と石川知裕衆院議員の離党など悪材料で内閣支持率が落ちている中、久しぶりに友人と楽しい時間を過ごした」と伝えた。

  私的な集まりだが、首相が芸能人と誕生日パーティーをするのは日本でも異例だ。‘火星人’というニックネームの鳩山首相は若い頃にレコードを出すなど独特の履歴を持つ。幸夫人も宝塚出身で、芸能人とも親しく付き合うスタイルだ。歴代のファーストレディとは違ってテレビ番組にもよく出演し、韓流スターにも積極的に会っている。

  これに先立ち鳩山首相は10日、首相室の記者らが準備した誕生会で「国民の皆様が幸せになるのが最も大きな誕生日プレゼント」と述べた。鳩山首相は「これまでは政権交代が毎年の誕生日の希望だったが、今振り返ると当時のほうが気楽だったという気がする」と現在の心境を語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事