イ・ビョンホン“最悪の男性助演賞”は免れた

イ・ビョンホン“最悪の男性助演賞”は免れた

2010年02月03日12時15分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  イ・ビョンホンのハリウッド進出作「G.I.ジョー」が米国最悪の映画選定授賞式で6部門候補に名前を挙げた。しかしイ・ビョンホンは「最悪の男性助演」部門には含まれず、屈辱は免れた。

  この映画は1日(現地時間)発表されたゴールデンラズベリー賞で「最悪の映画賞」「監督賞」「男女助演賞」「リメーク賞」「脚本賞」など6部門の候補に選定された。国内にも750万人の観客を動員した「トランスフォーマー/リベンジ」と未公開作である「マーシャル博士の恐竜ランド」は、最悪の映画賞と最悪のシナリオ賞などそれぞれ7部門の候補となった。

  来月6日、米国ロサンゼルスで行われるゴールデンラズベリー授賞式は1980年から米国アカデミー授賞式の前日に行われ、分野別に非難を浴びる要素がある映画が選定される。商業性の濃いハリウッドブロックバスターが毎年常連のように挙論され、不名誉を受けている。

  一方、イ・ビョンホンは「G.I.ジョー」シリーズの3編まで出演契約を結んでいる。彼が演じるストームシャドーの役は2編から割合が増える予定だ。続編撮影は8月に始まり、2012年に公開される。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事