イージス艦2隻+独島艦+潜水艦…海軍初の機動戦団(1)

イージス艦2隻+独島艦+潜水艦…海軍初の機動戦団(1)

2010年02月02日14時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   有事の際、世界のどこでも速かに作戦を遂行できる海軍初の機動戦団が1日に創設された。 海軍はこの日、釜山(プサン)作戦司令部で丁玉根(チョン・オックン)参謀総長の主管で第7機動戦団創設式を行った。 1945年に海軍の母体である海防兵団を創設して以来65年ぶりだ。 韓国戦争(1950-53)当時、米国が提供した艦艇で海軍戦力を整え始めた韓国が‘大洋海軍’への飛躍の土台を築いたということだ。

  ◇戦力は?=第7機動戦団は海軍の最新鋭艦艇と航空機で構成される。 海軍唯一の最新鋭イージス艦「世宗大王(セジョンデワン)」(7600トン)、ヘリコプターを搭載する忠武公李舜臣(イ・スンシン)級(4500トン・DDHH)韓国型駆逐艦6隻、大型上陸艦「独島(ドクト)」(1万4000トン)、潜水艦(1800トン)4隻、機動軍需支援艦など。 昨年建造され、8月に海軍に引き渡される最新鋭イージス艦「栗谷李珥(ユルゴク・イイ)」もこの戦団に配置される。 ここに海上哨戒機P-3Cと上陸機動ヘリコプターなどが支援戦力として加わる。 2019年から2026年まで実戦配備される5600トン級次期駆逐艦「KDX-IIA」6隻もこの機動戦団の戦力として活用される見込みだ。

  海軍は航空戦力の強化のために「独島」に垂直離着陸機を搭載する案も検討している。 宋永武(ソン・ヨンム)元海軍参謀総長は「独島艦に米海軍が使用する垂直離着陸機を搭載する場合、戦闘力が大きく強化される」と述べた。 「独島」は約20機の航空機を搭載できる。 軍当局は長期的な機動戦団を機動艦隊に拡大することを検討中だ。

  第7機動戦団は2個の機動戦団で構成される。 陸軍で連隊級の1個戦団は、イージス艦1隻、韓国型駆逐艦3隻、潜水艦1-2隻、軍需支援艦、航空機で編成される。 普段は釜山(プサン)作戦基地と鎮海(チンヘ)基地に配備されるが、状況が発生すれば直ちに投入される。 2014年に済州(チェジュ)戦略基地が完工すれば、この基地を母港として釜山や鎮海を行き来しながら作戦を行う。

イージス艦2隻+独島艦+潜水艦…海軍初の機動戦団(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事