<サッカー>W杯代表の韓日戦を推進

<サッカー>W杯代表の韓日戦を推進

2010年01月22日14時16分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   許丁茂(ホ・ジョンム)監督率いる韓国代表が永遠のライバル日本との対戦を推進する。 ノ・ホンソプ大韓サッカー協会副会長は22日(日本時間)、代表チームの合宿地であるスペインで「5月25日に東京で日本と親善試合を行う日程を調整中」と明らかにした。

  日本との親善競技が確定した場合、南アフリカワールドカップ(W杯)に向けた代表チームのロードマップも事実上完成する。

  代表チームは南アフリカ・スペイン合宿を終えて25日に帰国し、一度解散した後、30日に木浦(モクポ)サッカーセンターに集まり、東アジア連盟選手権大会に向けて準備する。 国内組中心にチームを構成し、来月東京で香港(7日)・中国(10日)・日本(14日)と対戦する計画だ。

  3月3日のAマッチではコートジボアールと英ロンドンで親善試合を行う。 ヨーロッパで行われるうえ国際サッカー連盟(FIFA)の認定日であるため、両チームのベストメンバーが激突すると予想される。

  4月末から5月初めの間に最終エントリーが発表された後はさらに忙しくなる。 5月16日に国内で評価試合を行った後、南アフリカW杯出征式が開かれる。 その後、日本に渡って韓日戦を行った後、合宿地のオーストリアに移動する。 ここで6月3日に世界最強のスペインと最後の評価試合を行い、翌日、激戦地の南アフリカに渡る。

  一方、サッカー協会は「韓日戦はさまざまな可能性を念頭に置いて議論を進めている」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事