<野球>奉重根、WBC韓日戦で米国人審判に話した言葉は?

<野球>奉重根、WBC韓日戦で米国人審判に話した言葉は?

2010年01月18日16時41分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  「フラッシュ、トゥーマッチ」(flash too much)。LGツインズの投手・奉重根(ボン・ジュングン)が「2009WBC韓日戦」で米国人審判に話した言葉だ。

  奉重根は1月15日に放送されたSBS(ソウル放送)「親友ノート3-燦爛たる食卓」に出演し、WBC当時のエピソードを公開した。

  奉重根は東京で開かれた韓日戦で、イチローが打席に入ると、タイムをかけて審判に何かを要求した。 奉重根は放送で「イチロー選手が登場すると、カメラのフラッシュがあまりにもまぶしかったので、これを審判に話した」と明らかにした。 奉重根は米国で8年間生活したため、英語でのコミュニケーションに問題がなかった。

  奉重根は「審判が『自分にはどうすることもできない』と言ったので、私は審判に『ストライクゾーンを広く取ってほしい』(Please,give me big strike zone)と話した』と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事