ドラマ「勉強の神」、ソウル大が登場しなくなったのはなぜ?

ドラマ「勉強の神」、ソウル大が登場しなくなったのはなぜ?

2010年01月09日13時49分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  KBSドラマ「勉強の神」には名門国立大「天下大学」が登場する。どうしてソウル大学ではなく天下大学なのだろう?

  「勉強の神」は元々「びりっけつ、ソウル大に行く」だった。このドラマの原作である日本のマンガである「ドラゴン桜」が国内で翻訳された際、そのようなタイトルになったからだ。

  しかしこのタイトルは紆余曲折の末「勉強の神」に変更、ソウル大も天下大になった。これはKBSの意見が反映されたものだ。

  これに関して芸能関係者は「公営放送のKBSがソウル大をドラマのタイトルに使う場合、学歴主義を助長するという批判を受けることもありえるため、慎重に検討した」と話した。

  問題になることはないというのが「勉強の神」側の反応だ。ドラマ制作陣は「天下大学という仮想の大学を設定したが、実際の入試の現実を最大限反映し、リアリティーを伝えるには別に問題がない」と説明した。

  「勉強の神」は日本でマンガとドラマ制作され、ビッグヒットした。マンガは受験書に分類されるほど人気を集め、マンガの売上が伸びた年には東京大学の志願者が12%も増加したという統計が発表された。

  4~5日に1、2話が放送された「勉強の神」はMBC「パスタ」、SBS「済衆院」をそれぞれ抑え、月火ドラマの視聴率競争で1位を記録し、幸先のよいスタートを切った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事