柳明桓外交長官「北ウラン濃縮1996年から」

柳明桓外交長官「北ウラン濃縮1996年から」

2010年01月07日09時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官は6日「北朝鮮が濃縮ウラン開発を早くから始めていた」とし「1994年のジュネーブ合意直後、96年には濃縮ウランプログラムを始めていたものとみられる」と述べた。

  これは北朝鮮の濃縮ウラン開発がこれまで知られていた時期よりかなり早くから始まっていたことを意味する発言で、北朝鮮の濃縮能力が相当な水準に上がっている可能性を示唆する。

  柳長官はYONHAPニュースとのインタビューでこのように述べた後「北朝鮮の水準がどの段階なのか、濃縮ウランをどの程度持っているのか、核兵器はどれだけ持っているのかなどに対する情報はわからない」とし「しかし(関連国間で)情報は共有されている」と強調した。

  柳長官は続いて「北朝鮮がウラン濃縮実験に成功したと主張しているので(6カ国協議が開かれれば)当然、議題に含めなければならない」と述べた。これは北朝鮮が昨年9月、国連安全保障理事会議長に送った書簡で「ウラン濃縮実験が成功的に行われ、生産段階に入った」と明らかにしたことを示すものだ。

  柳長官のこの発言は、今までの北核交渉が寧辺(ニョンビョン)の核施設を通じたプルトニウム核兵器計画に集中されてきたことと違い、ウラン濃縮問題も同じ次元で一緒に扱われなければならないという意味とされる。

  柳長官はまた「北朝鮮が6カ国協議に戻ってくると予想しているが、その時期を具体的に予想することは慎重を期している」とし「ただ、北朝鮮としては(スティーブン・ボズワース米国特使の訪朝とバラク・オバマ大統領名義の親書伝達で)6カ国協議に戻ってこられる体面は、すべて確保したと思う」と付け加えた。

  

【ホットクリック】

・ 北タンク師団、韓国の都市攻撃訓練
・ 「ウォークマン」の商標めぐる訴訟、韓国企業がソニーに勝つ
・ フランスが‘背信’ 「外奎章閣図書は国家財産」…返還訴訟を棄却
・ <野球>巨人が新外国人獲得…李承燁には危機の冬
・ 「現代自動車は最もタフなメーカー」米フォーチュン誌が紹介
・ 「キム・ヨナの姿をスクリーンで見たい」
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事