【コラム】「より大きな大韓民国」の条件

【コラム】「より大きな大韓民国」の条件

2010年01月04日16時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アジアは21世紀の最初の10年(Decade)に最も躍動的な変化を経験した。 中国がG2水準に浮上し、インドがその後を追い、ベトナムが改革・開放の結果を見せている。 東南アジア諸国連合(ASEAN)が外交のスーパーパワーになるのは時間の問題だ。 戦後初の政権交代で執権した日本の民主党内閣がアジア重視を外交の基調に定めたのも偶然ではない。 米国初の太平洋系大統領を自負するオバマ大統領もアジアへの積極的な関与(Engagement)を宣言した。

  アジアの首脳らはアジア太平洋経済協力会議(APEC)、東アジア首脳会議、ASEAN+3首脳会議など1年間に何度も会い、アジア人の間の親密感(Chemistry)を深めている。 韓日中首脳会議も定例化した。 3月にはアジア版国際通貨基金(IMF)に発展する「チェンマイ・イニシアチブのマルチ化(CMIM)」が基金1200億ドルでスタートする。 インド洋から北太平洋まで、アジアに変化の津波が押し寄せた。 李明博(イ・ミョンバク)大統領が8月15日の祝辞で話した「より大きな大韓民国」の外部的な条件は十分だ。

  アジアの変革の中で迎える新年の朝にアジアの時代精神を考えてみる。 われわれは答えを知っている。 冷戦終息後の20年間の変化でアジアは歴史の客体から歴史の主体として16世紀以前の地位を取り戻したという認識、世界人口の12%の西洋が55%のアジアの運命を左右する時代が幕を下ろしたというアジア人の文化的・道徳的な自信がそれだ。 紙と火薬と活版印刷術とアラビア数字を発見した文明・文化の先進地域が500年の冬眠から目覚め、失った‘自分’を取り戻した。

  中国人の鄭和が317隻の船と2800人の船員で構成された大規模な船団を率いて太平洋とインド洋に進出したのは1405年だ。 それは4席の船と150人の船員を乗せたコロンブスのサンタマリア号がアメリカ大陸を‘発見’したのより87年も前だ。 中国が1400年代後半に遠洋航海を禁止する海禁政策を取ったのは、アジアと西洋の運命を分けた分岐点だ。 中国が海を離れた時、西洋は海へ向かった。 中国の長い大陸蟄居は、5世紀の間、アジア国家の生存の条件になってしまった。 いま鄭和の大航海時代とチンギスハンのユーラシア大陸統一の時代を振り返るのは、それがアジア人が不知不識の間に容認した白人優越主義をそそぐ最上の解毒剤であるからだ。

  韓国の前に広がるチャンスは無限大に大きい。 世界主要20カ国・地域(G20)首脳会議を誘致し、中東で200億ドルの原子力発電所(原発)工事を受注したという朗報とともに迎える21世紀の韓国の次の10年のスタートは縁起が良さそうだ。 問題は内部の条件だ。 李健熙(イ・ゴンヒ)三星(サムスン)会長が話した韓国の三流政治の現場、李会昌(イ・フェチャン)先進党総裁が野蛮の時代だと言う汝矣島(ヨウィド)を見れば、企業と政府が海外で収めた成果が一回切りで終わらないか心配になる。 ビジョンも、リーダーシップも、交渉手腕も、廉恥もない乱暴な政治にもかかわらず、歌謡・ドラマ・スポーツ・国際機構で韓国の若者が優れた活動をしながら韓流ブームを起こしているのは奇跡ではないかと思う。 三流の点数を与えるのも惜しいこんな政治さえなければ…とため息が出る。

  チャンスは頻繁に訪れるわけではない。 李明博(イ・ミョンバク)大統領は隣人と手を握ってより大きな大韓民国を作ろうと述べた。 正しいことだ。 隣人とは誰か。 自分の同志と友人だけでなく、政党と理念と階層と世代の‘向こう側の人’も隣人だ。 外国人労働者、外国人妻、脱北者もそうであり、 北朝鮮も隣人だ。 われわれは単一民族の神話に閉じ込められて他者を排斥する。 李大統領はG20で韓国の品格を高めようというが、他者を包容することを知らなければ、オリンピック(五輪)・ワールドカップ(W杯)・G20が国格を高めることはできない。

  他者との活発な疎通で国力という分母を育てれば、北朝鮮を含む国内外の懸案という分母は自ずと解決可能なほどに小さくなるはずだ。 無条件の社会統合は現代社会の生存条件である多様性の要求に背く。 統合よりも疎通だ。 定住体質の木は自分の場所を少しも動かずに立ち、隣の木の手を握らないが、遊牧体質の木の根茎(rhizome)は隣の幹とからんで疎通し横断する。 韓国の政治家と外交・南北問題の担当者は、精神的な遊牧民になって根茎の知恵に注目する必要がある。

  金永煕(キム・ヨンヒ)国際問題大記者

【ホットクリック】

・ 東方神起、日本では5人組での活動体制維持
・ 【コラム】韓日強制併合100年、そしてこれからの100年
・ 2010年、日本進出の金泰均-李机浩に期待する
・ 韓国車2400台載せた船舶、ソマリアで拉致
・ 【噴水台】三星がドバイに立てた世界最高の建物…ブルジュ・ドバイ
・ 新年風景に見る日本の政界
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事