【社説】5%の技術障壁を乗り越えてアブダビ感動を続けよう

【社説】5%の技術障壁を乗り越えてアブダビ感動を続けよう

2009年12月29日15時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  史上初の原子力発電所(原発)輸出による感動が続いている。 年末にアブダビから飛び込んだ朗報に全国民が興奮を隠せずにいる。 黙々と磨きあげた技術力に、李明博(イ・ミョンバク)大統領の老練な首脳外交がかみ合い、50年の原発歴史に新紀元を開いたのだ。 終盤の逆転に成功するまでのエピソードが公開され、感動はさらに強まっている。 世界市場で橋頭保を確保しただけに、次世代成長動力への期待感も膨らんでいる。 政府と韓国電力はこの勢いでトルコ・ヨルダンの原発事業を受注しようと力を合わせている。

  これからはアラブ首長国連邦(UAE)に安全で信頼できる原発を支障なく建設することが何よりも重要だ。 原発受注過程で確認した経済全分野にわたる長期的協力約束も必ず守らなければならない課題だ。 韓国はUAEから毎年130億ドル分の原油を導入している。 今後、韓国は400億ドル規模の原発を輸出する。 エネルギー協力レベルを見ても両国が同伴者的関係を構築する余地は十分にある。 特に中東は世界各国の利害が複雑に絡んでいる地域だ。 その地域でUAEが初めて原発を建設するうえで韓国をパートナーに選択したという意味は大きい。 私たちの生命線であるエネルギー安保のための変曲点になる可能性がある。

  私たちが原発事業を受注できたのは、価格競争力と安定した運用能力のおかげだ。 しかし世界原発市場で確実な地位を確保するまでは解決すべき課題も少なくない。 韓国に原発技術を導入してくれた米ウェスチングハウスが今回、下請け会社として参加すると誇れる状況ではない。 原発設備の3大核心技術は原子炉冷却材ポンプ(RCP)、原発設計核心コード、原発制御計測装置(MMIS)だ。 こうした技術は全体技術の5%にしかならないが、原発主機器設備工事の48%を占める。 今回も源泉技術を持つウェスチングハウスと日本の東芝が、これら3大核心分野を引き受けることになる。 原発の輸出が中身のないものになる可能性もあるということだ。

  政府と斗山(ドゥサン)重工業、韓国電力技術はこうした技術を2012年までに完全に国産化することを目指している。 しかし国際的に厳しい試験と検証を通過しなければならないため、独自の技術の安全性を確保するまでは相当な時間がかかるしかない。 まだ少なからず難関が残っているということだ。 使用済み核燃料を平和的にリサイクルできる基礎を固めることも以前からの宿題だ。 安定した核サイクルを完成するには欠かせない課題だ。 韓国も日本のように韓米原子力協定を改正してこそ、完全なターンキー方式の原発輸出が可能になる。

  韓国の原発技術陣はその間あらゆる困難を乗り越え、世界6番目の原発輸出国という奇跡を起こした。 今回も受注確率5%から出発し、奇跡的な勝利をつかんだ。 最近、原発発注国が核心技術の移転を要求する雰囲気が強まっている。 今後1兆ドル規模の原発市場に本格的に進出するためにも、また不可能に挑戦していくしかない。 世界の原発受注戦で勝利を積み重ねていくためには決して避けられない道だ。 それがアブダビから伝えられたこの大きな感動をずっと継続する道でもある。

【ホットクリック】

・ <フィギュア>浅田真央、突然204点…「点を与える大会」という声も
・ 北朝鮮、外貨保有・使用全面禁止…保有外貨は没収
・ 海外メディア「韓国原発の安全性が勝負を分けた」
・ キム・ヨナ「韓国での試合が最も厳しい」
・ <野球>ヤクルトの林昌勇、年俸220%アップで契約更改
・ 「アイリス」撮影で観光客2倍に/秋田
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事