「天皇の特例会見、政治的利用か」

「天皇の特例会見、政治的利用か」

2009年12月14日10時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  14日、日本を訪問する習近平中国国家副主席が明仁天皇を訪問することになり、論議を呼んでいる。日本メディアは12日「天皇陛下の政治的利用を懸念する」とこれを決めた政界を大きく批判した。

  読売新聞はこの日「天皇との会見の約束は1カ月前に申請するのが慣例だ」とし「先月26日に面会を申請し、わずか20日後の15日に会見するのは皇室の慣例を崩したこと」と非難した。

  同紙は「小沢一郎幹事長が鳩山由紀夫首相に習副主席の天皇会見を実現させてほしいと依頼し、鳩山首相は平野博文官房長官を通じて宮内庁に圧力をかけた」と報道した。今回の波紋は羽毛田信吾宮内庁長官が「1カ月前の会見申請慣行に反すると反対したが、鳩山首相が例外を要請して決まった」と明らかにしたことで表面化した。

  「天皇会見1カ月前の申請ルール」は1995年から慣行となった。高齢である天皇の行事負担を減らそうという趣旨で始まり、2004年、前立腺がんの手術を受けた後は厳格なルールとなった。しかし今回、小沢幹事長がこのルールを壊すことで天皇を利用、自分の政治的目的を推進したという非難を浴びることになった。

【ホットクリック】

・ 北のミサイル載せた貨物機、タイで摘発
・ 米中「銃声なき戦争」の間に韓国がいる
・ 在日同胞、北送船に乗ってから50年…初出港から9万人移住
・ KBS9時ニュース、NHKのように変わるか
・ イ・ビョンホン「クォンさんはかつての恋人、胸が痛む」
・ 会社員「キム・ヨナ、今年最高の人物」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事