【ニュース分析】北の武器載せた貨物機、バンコクで抑留された背景(1)

【ニュース分析】北の武器載せた貨物機、バンコクで抑留された背景(1)

2009年12月14日09時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  スティーブン・ボズワース米国対北政策特別代表の訪朝後、対話局面に進んだ朝米関係がタイで悪材につかまった。北朝鮮製武器を積んだ輸送機がバンコクで抑留されるという突発的状況が発生したのだ。表面的にはタイ公安当局の北朝鮮の武器押収措置だが、米国の情報提供が決定的だったという点で、朝米間に神経戦が避けられない状態になった。今回の措置で米国のオバマ政権は対話と対北制裁は別だというメッセージを平壌に送った。また国連安保理1874号の対北制裁履行のための国際社会の協力体制が堅固だという点を浮上させた。米国主導の大量破壊兵器(WMD)拡散防止構想(PSI)が、海上だけではなく航空でも立体的に敷かれている点も確認された。政府当局者は13日「北朝鮮は米の情報当局が自分たちの一挙手一投足を常に見ていることを痛感しただろう」と話す。

  北朝鮮は、米国との対話の雰囲気造成と無関係に武器輸出は強行するという意図を示した。安保理1874号に対して拒否の立場を示してきた分、これに押されない立場であるようだ。しかし国連の制裁に対立する姿を見せたとして、今後の国際社会での動きの幅が狭まる可能性が高い。北朝鮮の6カ国協議復帰に力を入れる関連国からもいい目では見られなくなった。

  タイ政府は押収された武器についての報告書を45日以内に国連に提出する予定だ。安保理対北決議1874号の規定による措置だ。北朝鮮は「通常的な武器輸出に対する制裁は自主権侵害」と力強く反発するものと予想される。武器輸出は北朝鮮の最大の外貨収入源だ。1998年、米国とのミサイル交渉時の北朝鮮は「年間5億ドルの輸出損失があった」として補償を要求した。補償を受けようと額を大きくした側面があると言っても同年、北朝鮮の輸出額が5億6000万ドルだった点を勘案すれば、武器輸出の割合の見当をつけることができる。専門家たちは対北制裁局面でも北朝鮮が武器輸出で少なくとも年間5000万ドルを稼ぐと推算する。今回摘発されたRPG-7は低空飛行するヘリなどを攻撃することができ、テロ集団がよく使う武器だ。情報当局関係者は「携帯が簡便で破壊力が大きいRPG-7はAK小銃とともに米国が最も懸念する在来式兵器」と言う。対北制裁で外貨難が深刻になると、需要が多い品目を売ってドルを用意しようとしているという見方だ。

【ニュース分析】北の武器載せた貨物機、バンコクで抑留された背景(2)

【ホットクリック】

・ 北のミサイル載せた貨物機、タイで摘発
・ 米中「銃声なき戦争」の間に韓国がいる
・ 在日同胞、北送船に乗ってから50年…初出港から9万人移住
・ KBS9時ニュース、NHKのように変わるか
・ イ・ビョンホン「クォンさんはかつての恋人、胸が痛む」
・ 会社員「キム・ヨナ、今年最高の人物」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事