放通委「ルーザー」めぐる議論のKBS制作サイドに懲戒措置

放通委「ルーザー」めぐる議論のKBS制作サイドに懲戒措置

2009年12月10日11時59分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「ルーザー」(Loser 負け犬)をめぐる議論を広げたKBSテレビ(韓国放送公社)第2チャンネルのトークショー番組「美女たちのおしゃべり」の制作サイドが9日、放送通信審議委員会(以下・放通委)から厳しい懲戒処分を受けた。

  放通委は同午後に全体会議を開き、今年11月9日に放送された同番組で、「背の低い男はルーザー」と身体的違いを冷やかすなど性差別の発言を露骨に伝え、放送審議に関する規定に明記された「人権侵害制限および両性平等保障」条項を違反したと結論付けた。

  李鎮江(イ・ジンガン)審議委員長は「『美女…』の制作サイドが極端に偏った見解をもつ出演者を出演させ、社会の外見至上主義ムードづくりに一助した」と指摘した上で「収録から放送までの段階を経るまで、問題の内容が取り除かれていないことから、自主的な審議システムに根本的に問題がある」という見方を示した。

  この日、KBS側は意見陳述で「公営放送としての品位を守れなかった点について反省している」という立場を示した。放通委の懲戒処分によって、KBS第2チャンネルは制作サイドへの懲戒措置を決めて施行し、同事実を視聴者に告知しなければいけない。

  

【ホットクリック】

・ タリバン、どうしてアフガン派兵警告したか
・ 「カムリ」と競うなら…日本車が続々と値下げ
・ 「ブロードバンド最強の韓国、副作用も最も深刻なレベル」
・ イ・ビョンホン、なぜ積極的に対応しなかった?
・ 韓国教育、「小川から竜が飛び出す」ように
・ 会社員が最も好む送年会の会場は?
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事