小麦粉よりきれいな「特級コメ粉」の秘訣…新潟製粉工場(2)

小麦粉よりきれいな「特級コメ粉」の秘訣…新潟製粉工場(2)

2009年12月02日16時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2年前に始まったR10プロジェクトもこうした悩みの産物だ。補助金まで与えて休耕させるよりも、その費用で粉用に適したコメを作ろうというものだ。一方で小麦の輸入が減り、小麦の運送による二酸化炭素の排出量も減らせるという計算だ。新潟県のホシ・タカシ食品流通課長は「耕作地の保存のためにも加工用コメの栽培が切実だ」と紹介した。

  コメ粉を活用するには2つの難関を越えなければならない。まずコメは小麦よりも硬く、粉砕しにくい。加工が難しい理由だ。この問題を解決したのが新潟県が開発した特許技術。核心はコメを酵素に漬けて組織を柔らかくした後、圧縮空気で粉砕する方法だ。この方法で小麦粉よりも粒子がきれいなコメ粉生産が可能になった。

  新潟製粉はこの技術を適用した最大規模の工場だ。昨年4500トンの高品質コメ粉を生産し、4億5000万円の売上を記録した。藤井義文工場長は「特性は小麦粉と全く同じで、製パン会社などで人気が高い」と説明した。この技術のため新潟県のコメ粉生産量は昨年の300トンから今年は3500トンに増えた。

  生産費の差は今でも解決されていない課題だ。現在、粉用コメの相場は1キロ当たり80円と、主食用コメの3分の1水準。このため日本政府は10アール当たり8万円の補助金を出して生産を誘導している。またコメ粉製粉工場を建設する際、施設費の50%を無償支援している。

  韓国農林水産食品部食糧政策課のユン・ジェドン主務官は「コメ粉生産の初期段階である韓国も日本と同じ問題を抱えているだけに、新潟方式をベンチマーキングする必要がある」と述べた。

小麦粉よりきれいな「特級コメ粉」の秘訣…新潟製粉工場(1)


【ホットクリック】

・ 違法コピーは日米の2倍…IT競争力低下の韓国はSW後進国
・ キム・ヨナ、日本でも人気…「やはりワールドスター」
・ 【ドバイショック】現地韓国企業の影響は
・ 林権沢監督、101作目の話頭は「世界に韓紙を知らせること」
・ 北朝鮮、電撃デノミ「5つの理由」
・ 政府「鉄道ストは不法」…強硬対応へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事