「安重根艦」、ディーゼル潜水艦では世界最高水準

「安重根艦」、ディーゼル潜水艦では世界最高水準

2009年12月01日17時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  1日に釜山(プサン)海軍作戦基地で就役式を行う海軍214級潜水艦「安重根(アン・ジュングン)艦」(1800トン)は、艦長イ・ヨンウン中佐と40人余りの乗務補助員がすべて「安重根義士崇慕会」の会員だ。 昨年6月に進水式を行った後、ソウル南山(ナムサン)の安重根義士記念館を訪れ、護国の決意を固めたのがきっかけになった。 安重根艦の内部に安義士の遺影、「為国献身」など遺墨が掛けられているのもこうした理由からだ。

  イ艦長と乗務補助員らは3月の殉国日と11月の挙事日に合わせて記念館を訪れるという。 安重根義士崇慕会のアン・ウンモ理事長は「若い乗務補助員が安義士の志を敬って国防に献身するのを見る度に胸が熱くなる」と述べた。

  就役は軍人でいうと実際に戦闘に投入できる能力を備えたと認められる手続きだ。 安重根艦は進水後1年6カ月間、試験運転した結果、合格判定を受けた。 全長65.3メートル、幅6.3メートルの安重根艦は、水中で300の標的を同時に処理できる能力を備えている。 最高時速20ノット(37キロ)で、米ハワイまで燃料の再充填なく往復航海できる。 一つ下の級の209級潜水艦とは違って空気不要装置(AIP)を搭載しているため、水面に上がらなくても2週間にわたり水中で作戦遂行が可能だ。 ディーゼル潜水艦としては世界最高レベルだ。

  安重根艦は孫元一(ソン・ウォンイル)艦、鄭地(チョン・ジ)艦に続く3つ目の214級潜水艦だ。 安重根義士は独立運動家では初めて海軍の艦艇に名前が付けられた。 海軍は2012年から2018年にかけて進水する214級潜水艦6隻に金佐鎭(キム・ジュァジン)・尹奉吉(ユン・ボンギル)・金九(キム・ク)など独立運動家の名前を付ける予定だ。 柳寛順(ユ・クァンスン)烈士も候補群に含まれ、女性の名前が付いた海軍艦艇が登場する道が開かれた。

  丁玉根(チョン・オックン)海軍参謀総長は就役祝賀文で「安重根艦の就役で韓国の海軍はより強力な水中戦力を確保することになり、敵にはさらに恐れられる存在になった」とし「将兵が世界最高の潜水艦を作るよう努力してほしい」と要請した。

  ◇214級潜水艦=1200トン級の209級潜水艦の長所を生かして独HDW社が開発した新型ディーゼル潜水艦。 韓国では「孫元一級潜水艦」と呼ばれる。 214級・209級などの名称はHDW社が任意に数字モデル名を付けたもので、特別な意味はない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事