栄養高くカロリー低いマッコリ、「健康損益計算書」プラス(1)

栄養高くカロリー低いマッコリ、「健康損益計算書」プラス(1)

2009年11月30日15時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  マッコリ(濁酒)ブームは相当なものだ。 今年1-9月のマッコリ輸出量は4380トンで、金額は356万2000ドルに達した(関税庁)。 前年同期比で輸出量は24%増、金額は23%増だ。 今年輸出されたマッコリの87%が日本へ行った。 韓流ブームとともに「発酵酒のマッコリはヘルシー」という噂が広まっているからだ。

  先月23日、米ニュース専門チャンネルCNNはマッコリを集中的に紹介した。 マッコリが再起(a Strong comeback)を狙っている、と評価した。 農林水産食品部はマッコリの消費を促進するため、毎年12月第2週の特定曜日を決め、その年の新米で作ったマッコリ、通称‘マッコリヌーボー’を発売することにした。

  種類・色もさまざまだ。 ウェルビーイング成分と健康効果を明らかにするための研究も活発だ。 マッコリの‘健康損益計算書’を見てみよう。

  ◇焼酎・ウイスキーよりカロリー低い

  マッコリはコメを主材料とする穀酒であり濁酒だ。 コメに麹を混ぜて作った酒を濾してできる。 コメのほか、トウモロコシやアワなど、さまざまな穀類から作ることができる。 米粒がそのまま浮いているドンドン酒もマッコリの一種だ。

  栄養も豊富だ。 発酵過程を経てたんぱく質・炭水化物・ビタミン・ミネラルと生理活性物質・生酵母が作られからだ。

  新羅大学食品栄養学科のキム・ミヒャン教授は「マッコリのたんぱく質含有量はそれほど高くないが(100ミリリットル当たり1.9グラム)、たんぱく質の質(タンパク価)がよい」とし「コメたんぱく質のたんぱく価は豆たんぱく質よりも高い」と説明した。

  カロリーはそれほど高くない。 100ミリリットル当たり46キロカロリーで、コーラ・サイダー(40キロカロリー)やビール(37キロカロリー)水準だ。 同じ量のワイン(70-74キロカロリー)・焼酎(141キロカロリー)・ウイスキー(250キロカロリー)よりはるかに低い。 マッコリをダイエット酒と考える人もいる。

栄養高くカロリー低いマッコリ、「健康損益計算書」プラス(2)


【ホットクリック】

・ 現代車、日本市場再挑戦で成功するには
・ 鉄道スト続く、輸送への影響本格化
・ 中国人は太っ腹、日本人は買い物上手、米国人は実用的…百貨店の顧客分析
・ ミスコリアのソ・ウンミ、ミスインターナショナルで2位に
・ 韓国でもiPhone突風…ライバルは価格引き下げで対応
・ インド人教授を侮辱した韓国人に罰金
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事