コ・ヒョンジョン「チェ・ジウ、善良すぎて演技に支障」(1)

コ・ヒョンジョン「チェ・ジウ、善良すぎて演技に支障」(1)

2009年11月27日12時09分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  私生活の露出を極度に控えてきた女優コ・ヒョンジョンが久々に本音を語った。

  コ・ヒョンジョンは26日、ソウル清潭洞(チョンダムドン)のレストランで、映画「女優たち」(イ・ジェヨン監督)の公開を控えて行ったインタビューに飾り気のない姿勢で答え、目を引いた。

  --「女優たち」ではアドリブが多かったようだが。

  「最初から台本がなかったわけではない。しかし突発の要因が多かった。興味深かった」。

  --どんな役柄か。

  「本名をそのまま使う先輩女優役だ。常にあちこちで喧嘩を売り、トラブルを起こすキャラクターだった」。

  --実験的な映画ばかり選んでいるようだが。

  「そのつもりではないのに、ホン・サンス監督に続き、イ・ジェヨン監督の作品までそうした形になってしまった。私は以前も今も本物の女優になりたいだけだ。演技のうまい女優になりたい」。

  --劇中チェ・ジウと喧嘩をするシーンが目立つが。

  「ジウさんと初めて顔を合わせた日にそのシーンを撮影した。あまりにも優しく、善良な人だった。なぜ彼女に“姫”と呼ばれる幸運がやってきたかがわかるような気がした。善良すぎて喧嘩する演技に支障があるほどだった」。

コ・ヒョンジョン「チェ・ジウ、善良すぎて演技に支障」(2)

【ホットクリック】

・ 東方神起のジェジュン、日本人タレントあびる優と熱愛説
・ 佐藤繊維「うちの糸でミッシェル夫人のカーディガンを編みました」
・ 釜山室内射撃場火災の日本人負傷者が死亡…死者14人に
・ 【社説】鉄道労組のスト、法と原則に基づく処理を
・ コ・ヒョンジョン「チェ・ジウ、善良すぎて演技に支障」
・ <野球>金泰均・李机浩、日本で特級待遇
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事