怒りを抑えられない韓国社会…なぜ?(上)(1)

怒りを抑えられない韓国社会…なぜ?(上)(1)

2009年11月24日16時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  瞬間的にこみ上げてくる怒りを抑えられず人を殺したり殴ったりする犯罪が急増している。 以前からの恨みも、計画も、金銭的な目的もない「偶発的犯罪」だ。 専門家らは「こうした犯罪を起こす犯人には共通点がある」と分析している。 最近の経済状況と社会的な雰囲気が偶発的犯罪を量産している、という指摘もある。

  ◇犯罪者は暴力的孤独者=中央日報の取材チームは京畿(キョンギ)大犯罪心理学科のイ・スジョン教授とともに、社会的イッシューになった最近の偶発的殺人事件5件を分析した。 その結果、犯人には3つの共通点があった。 ▽家族がいないか、いても対話がない▽無職または定職がない▽普段から暴力的で賭博・ゲーム中毒--だ。

  イ教授は「こうした共通点は偶然の一致ではない」と話す。 孤独な人は、普段から他人に配慮したり、自分の感情を抑えたりする経験が少ない。 決定的な瞬間に感情を抑える必要性を感じることができない、という説明だ。

  イ教授は「一般人が怒りがこみ上げてきても相手を殴ったり殺したりしない理由は、自分の犯罪によって支払うことになる代価を恐れるため」とし「責任を負うべき家族や失う職場がない社会的孤独者は犯罪に対する費用が相対的に少ないためブレーキがかからない」と説明した。

  殺人犯5人全員が普段から常習的に大小の暴力を振るうなど衝動調節障害症状を見せてきた点も注目すべき部分だ。 韓南(ハンナム)大警察行政学科のイ・チャンム教授は「小さな刺激に耐えられず自分や人に害を及ぼす衝動調節障害は、それ自体が犯罪の可能性を内包している病気」とし「普段から暴力や賭博・ゲーム中毒症状を見せてきたという点で、犯罪を起こす可能性は非常に大きかった」と説明した。

怒りを抑えられない韓国社会…なぜ?(上)(2)


【ホットクリック】

・ 24番目開発援助委員会(DAC)会員国となった韓国の課題は
・ NHK、東方神起の「紅白歌合戦」出演を発表
・ 【コラム】韓国でアイドルとして生きるには…
・ <スターデート>打率2割2分9厘でシーズン終えた李承燁
・ 早々にアフリカに注目してきた日中、韓国は…
・ LG電子、インドネシアで液晶テレビのシェア1位
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事