北朝鮮警備艇50発に韓国軍高速艇は200発(1)

北朝鮮警備艇50発に韓国軍高速艇は200発(1)

2009年11月11日08時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  10日午前10時33分、海軍2艦隊司令部指揮統制室。要員たちは普段と同じく海軍戦術指揮搭載装置(KNTDS)のモニターを見詰めていた。西海(ソヘ・黄海)ペンリョン島の北側、長山串の南、月乃島を出発した北朝鮮上下2級警備艇1隻が北方境界線(NLL)に近付くのが捕らえられた。北朝鮮警備艇の動きはペンリョン島に設置されたレーダーが送った。

  11時22分。北朝鮮警備艇がNLLにずっと近付くと直ちに警告放送をした。国際商船通信網を通じてだった。「北側は韓国の海域に過度に近付いた。直ちに北上しなさい」司令部は11時25分まで2度の警告放送をした。そして直ちに高速艇2個編隊4隻を現場に投入した。1個編隊は北朝鮮警備艇が南下する方に、残り1個編隊は後方で守っていた。高速艇1個編隊は2隻で構成されている。

  11時27分。北朝鮮警備艇は海軍の警告放送にも、ものともせずNLLを越えた。大青島東11.3キロの海上だった。北朝鮮警備艇は大青島とNLL付近で不法に操業中だった中国漁船を取り締まるという理由で線を越えたものと軍当局は推定している。当時、中国漁船20隻はペンリョン島の北海上に、数隻は大青島の東NLL近くで操業中だった。北朝鮮漁船は壅津半島に近い北側の海上で操業をしていた。

  11時28~31分。北朝鮮警備艇がNLLを越えると海軍高速艇は2度以上警告通信をした。「貴船は我々の警告にもかかわらず、侵犯行為を続けて緊張を高めている。航路変更しなければ射撃する。すべての責任は貴船にあることを警告する」北朝鮮警備艇は海軍の4回にわたる警告放送にもかかわらず、韓国側海域に侵犯しを続けた。

  11時32分。北朝鮮のNLL侵犯距離が2.2キロにもなった。これにより2艦隊司令部は再び警告放送を送った。「北上しなければ直ちに警告射撃する」という内容だった。11時36分。海軍の警告射撃予告にもかかわらず、北朝鮮警備艇は戻らずに高速艇チャムスリ325号は「警告射撃する」という放送とともに警告射撃をした。チャムスリ325号が射撃した 40ミリ艦砲は北朝鮮警備艇先方1キロの海上に落ちた。

北朝鮮警備艇50発に韓国軍高速艇は200発(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事