パク・シニャン、「銭の戦争」出演料訴訟で勝訴

パク・シニャン、「銭の戦争」出演料訴訟で勝訴

2009年11月02日09時50分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  パク・シニャンがドラマ「銭の戦争」の出演料をめぐる訴訟で勝訴した。

  ソウル高裁は1日、パク・シニャン側がドラマ制作会社を相手取り起こしていた約定金支払い請求訴訟控訴審で、1審と同じく被告に3億8000万ウォン(約2875億円)の支払いを命じる判決を出した。

  パク・シニャンは2006年末に同社が制作するSBSのドラマ「銭の戦争」に1話当たり4500万ウォンの出演料で16話にわたり出演する契約を結んだ。その後ドラマは人気を呼び1話当たり1億5500万ウォンで4話を追加撮影した。パク・シニャンは追加撮影分について出演料が支払われていないとして訴訟を起こしていた。

  裁判所は「追加契約出演料が基本契約の3倍を超える高額で決まったとしても追加契約の締結経緯と動機、原告と被告、放送局の関係などを考慮すると社会通念上、その効力を否定するほどに顕著に公正さを失ったとみられない」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事