李大統領「北朝鮮意図不透明…核放棄の兆し見えない」

李大統領「北朝鮮意図不透明…核放棄の兆し見えない」

2009年10月26日07時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  李明博(イ・ミョンバク)大統領は25日「最近、温家宝中国首相の訪朝を含む各種努力の結果で北朝鮮が対話の復帰意思を表明するなど一部進展があった」とし「しかしまだ北朝鮮の意図が不透明で、核を断念するという決断を下したという兆しも見えていない」と述べた。李大統領は東南アジア3カ国(ベトナム、カンボジア、タイ)巡回最終日、タイのフアヒンで行われた東アジア首脳会議(EAS)業務昼食会でこのように述べた。

  李大統領は昼食会で「国際社会は対話の道をずっと開けているが国連安保理決議1874号の厳格な履行など、団合された立場を維持しながら北朝鮮に真の対話に出させなければならない」と強調した。それとともに「北朝鮮が核放棄決断を下し、速やかに6カ国協議に復帰するよう国際社会が緊密に協力しなければならない」とも述べた。

  特に「北朝鮮の意図が不透明だ」という李大統領の発言は、北朝鮮が融和の姿勢にふさわしい核の廃棄努力を並行しておらず、制裁を続ける必要性に重きを置いたものと分析される。

  李大統領がこのように北核問題進展を「真の対話」の前提条件として掲げ、最近の「第3回南北首脳会談開催説」もいったん静まる可能性が高まった。最近、シンガポールで南北高位関係者の接触事実が知られ、水面下で南北首脳会談が推進されているのではないかという見方が多かった。政府関係者は「李大統領の発言どおりなら、このような接触でも北朝鮮の“核廃棄”の真正性が確認されず、したがって大きな成果や進展がなかったという話」と説明した。

  実際、李大統領は昼食会で「北核問題が浮上して以来、国際社会の解決努力にもかかわらず根本的な解決なしに対話と緊張状態を行き交い、前進と後退、延期を繰り返してきた」とし「これ以上、繰り返してはいけない」と強調した。

  このほかに李大統領は先月、米国訪問時、北核問題解決策として提案した「グランドバーゲン(一括妥結)」と関連させて再び説明した。李大統領は「これは北朝鮮の完全で不可逆的な核廃棄と北朝鮮が要する安全保障と経済援助などに対して一括で合意する案」と述べた。

  これに先立ち李東官(イ・ドングァン)青瓦台広報首席も南北首脳会談について「先核問題進展、後首脳会談」という原則を再確認した。李首席は24日、現地ブリーフィングで「“原則のない会談、出会いのための出会い”はしないというのが依然、韓国政府の立場」と強調した。李首席は「一部メディアで指摘するように(南北首脳会談を通じて成果を積むという)幻想を持っていない」とし「政治的・政略的計算のもと(首脳会談開催のための)で交渉をしない」と述べた。それとともに「(南北首脳会談が開かれたら)民族のための真正性が担保とされなければならない上、北核問題解決の進展に役に立たなければならない」とし「その原則に関する限り、大統領が就任して以来、1回も揺らいだことがないということをもう一度強調する」と述べた。

  特に李首席は南北間秘密接触に対する報道が続いている点を意識したかのように「透明な公開原則も必要な状況が来れば守る」とし「(北朝鮮と首脳会談開催のための)裏交渉や裏契約もない」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事