世界のスター イ・ビョンホン、日本語も完璧

世界のスター イ・ビョンホン、日本語も完璧

2009年10月20日12時14分
[ⓒ OSEN/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  KBSテレビ(韓国放送公社)第2チャンネルの水木ドラマ「アイリス」で、天才的な頭脳をもつ国家安全局(NSS)の最精鋭メンバーとして登場するイ・ビョンホンが、ワールドスターに相応しい面を披露し、話題になっている。

  「アイリス」が放送された後、イ・ビョンホンの演技力に対する視聴者の好評が絶えずにいる中、彼が今度は日本語のセリフを完璧に駆使し、制作サイドを驚かせた。

  今年3月、秋田県での撮影当時、キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)はNSSの副局長ペク・サン(キム・ヨンチョル)による陰謀に巻き込まれ、結局1人で「アイリス」という巨大な勢力に立ち向かうことになった。苦労の末、生き残り日本に逃げてきたキム・ヒョンジュンは取り戻せない状況に追い込んだ勢力に復讐するための準備に乗り出した。

  その過程でヤクザとの通話を通じ、1分以上にわたり交渉するシーンを撮影したイ・ビョンホンは、完璧な日本語のセリフを1回で撮り終え、現場で歓呼を受けたという。セリフのアクセントや発音のため待機中だった現地の関係者もイ・ビョンホンが駆使した完璧な日本語のセリフに賛辞を送った。

  それだけでなくイ・ビョンホンは撮影地で寒さに耐えながら数時間も自分を待ってくれる日本人ファンにも、直接「寒いから暖かくしていて下さい」「風邪にひかないよう気をつけて下さい」と優しいあいさつの言葉を伝え、ファンは完全に心を奪われた様子だったという。

  ワールドスターにふさわしく完璧に外国語のセリフを消化する姿を見せているイ・ビョンホンの日本語の実力は、今週放送される「アイリス」の第3、4話を通じて確認できる。

  

【ホットクリック】

・ 韓国三菱重工業の黒木社長「韓国部品は日独に劣らない」
・ <フィギュア>浅田真央「キム・ヨナ選手はすごい」
・ 10月の黄砂、81年ぶり
・ トヨタ「カムリ」がきょう韓国上陸…販売価格3490万ウォン
・ マウンドに集まる韓日米…30秒間の通訳が試合を決める
・ Rain主演の「ニンジャ・アサシン」、海外メディアの取材要請殺到
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事