【社説】G20首脳会議、来年の韓国開催を歓迎する

【社説】G20首脳会議、来年の韓国開催を歓迎する

2009年09月26日11時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  G20(主要20カ国)首脳会議が来年11月、韓国で行われることになった。大歓迎する。何より韓国がグローバル経済問題に自分の意見を出すことができるようになったという意味がいちばん大きい。G20会議はこれまで韓国で開かれたアジア・ヨーロッパ首脳会議(ASEM)やアジア・太平洋経済協力体(APEC)首脳会議よりずっと重要だ。ASEM会議などは親善企図の性向が強いが、G20会議は世界経済問題を討論して決める席だ。このような会議の開催国になったということは、世界経済問題の決定に、相当な役割が果たせるということを意味する。

  それに今は国際経済の転換期というとても重要な時期だ。ドル単一基軸通貨体制が揺れている上、国際通貨基金(IMF)と世銀など国際機関再編の声も高い。金融改革と保護貿易主義防止の主張もかなり激しい過渡期と言っても過言ではない。こういうときに自分の意見を出せるということは、まことに重要なことだ。米国や中国ほどの影響力にはならずとも韓国に一方的に不利な秩序が形成されることはある程度阻むことができる。韓国に不利ではなく、名分のある主張を述べれば新しい経済秩序に反映されることもある。国の未来を決めるとても微妙な時期に、開催国になったことはそれでいっそう貴重なことだ。これを通じて韓国が新しい経済秩序を作ることに大きな役割ができることを期待する。

  地球村の比重ある会議を主管することになったということが、高くなった韓国の地位を反映することになると思うとまた喜ばしいことだ。韓国が開催国になったことは今回の経済危機をいちばん先に脱した国家だという点が大きく作用したものとみられる。12年前の通貨危機経験を生かしてグローバル経済危機克服のための意見を提示し、問題解決のために努力したことが影響したようだ。先進国と発展途上国、米国など西欧と中国などアジアの中間者的役割をするに値する国として相応しいという側面も考慮されたと思われる。そのような自信をもとに、国家の地位をワンランク引き上げる契機として会議を積極的に活用しなければならないだろう。実際に韓国が今回の経済危機時、外信から叩かれたのは低評価された国家の地位のせいでもあった。来年、首脳会議を成功させたら、国際社会での韓国というブランドはそれだけしっかりし、信頼ある位置に新たに位置づけられるだろう。

  しかし課題も多い。何よりG20体制の持続性を確保するのは容易ではないだろう。今日、閉幕されたピッツバーグ首脳会議で毎年1回の定例化が決まったが、まだ会議の効率性の問題を取り上げる否定的な見解もある。こうした見方をいかに乗り越えるのかが開催国韓国としては重要な課題だ。

  声が大きくなった分、責任もそれだけ重くなったということも自覚しなければならない。今までは世界経済秩序の受動的客体として被害も多く受けたが、一方、世界経済にあまり寄与しなくても大きな問題がなかった。しかしこれからはそうはいかなくなった。相当な責任ある国際社会の一員として行動しなければならない義務が生じたからだ。今後は対発展途上国援助を増やすなど、世界経済寄与度を高めるべきだ。会議を支障なく進め、世界史に意味ある会議として記録されることができるよう、全国民が力を合わせなければならないだろう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事